日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.11.15

文田健一郎(ミキハウス)が優勝、国別対抗得点は4位…U-23世界選手権・第3日(2)


昨年のシニア世界選手権に続き、U-23でも世界一に輝いた文田健一郎

 U-23世界選手権第3日は11月14日、ルーマニア・ブカレストで男子グレコローマン5階級のファイナルなどが行われ、決勝に進んだ60kg級の文田健一郎(ミキハウス)がフォール勝ちで金メダルを獲得した。3位決定戦へ進んだ67kg級の中橋涼(日体大)と82kg級の鶴田峻大(自衛隊)は、ともに敗れて5位。

 文田は、シニアの欧州選手権2位で世界選手権にも出場しているムラド・ママドフ(アゼルバイジャン)と対戦。コーションで1点を先制されたものの、第2ピリオド、そり投げで4点を取って逆転。2度目のそり投げでフォール勝ちした。

 今年3月のダン・コロフ-ニコラ・ペトロフ国際大会(ブルガリア)以来の金メダルで、昨年の世界選手権59kg級に続くメジャータイトル獲得。国際大会では10大会連続でメダルを手にした。

 中橋は敗者復活戦2試合を勝って3位決定戦へ進んだものの、U-23欧州選手権2位のオット・ロソンチ(ハンガリー)に3-5で敗れ、鶴田はシニアの欧州選手権5位のニキタ・クリモビッチ(ベラルーシ)にテクニカルフォール負け。ともにメダルを逃した。

 男子グレコローマンはこの日で終了。日本は金メダル2個を獲得し、優勝1選手の昨年を上回った。国別対抗得点は80点をマークし、昨年の9位を上回る4位に入った。優勝は3階級で勝ったジョージアで、2位はロシア、3位がトルコだった。

 各選手の成績は下記の通り。(写真=チーム提供)

男子グレコローマン60kg級表彰式

団体4位の男子グレコローマン・チーム


男子グレコローマン

 【60kg級】文田健一郎(ミキハウス)   優勝=25選手出場
決 勝 ○[フォール、4:36=10-1]Mammadov, Murad(アゼルバイジャン)

------------------------------

 【67kg級】中橋涼(日体大)   5位=27選手出場
3決戦 ●[3-5]Losonczi, Otto(ハンガリー)
敗復2 ○[5-2]Shermakhanbet, Meirzhan(カザフスタン)
敗復1 ○[Tフォール、5:45=16-8]Baker, Nolan Robert(米国)

------------------------------

 【82kg級】鶴田峻大(自衛隊)   5位=25選手出場
3決戦 ●[Tフォール、3:58=0-10]Klimovich, Nikita(ベラルーシ)

------------------------------

 《国別対抗得点》

[1]ジョージア 126点、[2]ロシア 101点、[3]トルコ 87点、[4]日本 80点、[5]アゼルバイジャン 71点、[6]イラン 70点、[7]エジプト 62点、[8]ハンガリー 62点(7・8位は上位選手の数による)








サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に