日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.11.19

復帰の米平安寛(日本ウエルネス大職)がJOC杯受賞…11.17~18全国社会人オープン選手権=団体戦星取り表追加


復帰参戦して優勝、JOC杯を獲得した米平安寛

 全国社会人オープン選手権は11月17~18日、埼玉・富士見市立市民総合体育館で行われ、男子グレコローマン97kg級に2015年世界選手権代表の米平安寛(日本ウェルネススポーツ大職)が復帰参戦。決勝で昨年の国体王者を破って優勝し、最優秀選手に贈られるJOC杯を受賞した。

 同60kg級の小坂健太(国士舘クラブ)、67kg級の上垣勇二(自衛隊)、77kg級の花山和寛(自衛隊)、130kg級の河野隆太(あづまフーズ)は7月の全日本社会人選手権に続く優勝。上垣が同スタイルの最優秀選手賞を受賞した。

 男子フリースタイルは、57kg級を2015年学生王者の大城一晟(大宮32普連)が制し、男子フリースタイルの最優秀選手賞を受賞。大学生も出場できる女子は、8階級中7階級で大学生選手が優勝。社会人で唯一50kg級を制した山田海南江(自衛隊)が最優秀選手賞を獲得した。

 各階級の成績は下記の通り。(撮影=矢吹建夫)

 ■JOC杯受賞・米平安寛の話「2016年2月のアジア選手権(タイ)以来のグレコローマンの試合に復帰戦として臨みました。何が何でも勝ちたかったので、結果を出せてよかったです。復帰するにあたり、色々な方に迷惑をおかけしました。これから東京オリンピックに向けて自分なりに突き詰めて、練習して強くなっていきたいです」

16日にはU-15アジア女子選手権が行われた会場。富士見市の支援のもと、来年大会の開催も決まっている

試合の合間にはキッズ選手相手のレスリング教室が実施され、小学生選手の育成にも貢献


団体戦・星取り表
個人戦一覧表 男子フリースタイル  女 子  男子グレコローマン 個人賞

《トーナメント表》

男子フリースタイル 57・61kg 65kg 70kg 74・79kg 86・92kg 125kg
 女  子 50・53・55・57kg 59・62・65・68kg
男子グレコローマン 55・60・63kg 67kg 72kg 77・82kg 87・97kg 130kg

団体戦

 【決勝】平野クラブ○[3-2]●秋田市役所

 【予選Aリーグ順位】
[1]平野クラブ 3勝、[2]自衛隊体育学校OB 2勝1敗、[3]警視庁クラブ 1勝2敗、[4]松阪クラブ 3敗

 【予選Bリーグ順位】
[1]秋田市役所 3勝、[2]山形・市・クラブ 2勝1敗、[3]Vipers 1勝2敗、[4]静岡クラブ 3敗

《最終順位》[1]平野クラブ、[2]秋田市役所レスリング部、[3]自衛隊体育学校OB、山形・市・クラブ

個人戦・男子フリースタイル

▼57㎏級 [1]大城一晟(大宮32普連)、[2]高畑真一(岡山クラブ)、[3]竹田展大(WRESTLE-WIN)

▼61㎏級 [1]但野航(ニトリ)、[2]=反則による失格で不在、[3]菊地憲(ALSOK秋田)

▼65㎏級 [1]川野陽介(自衛隊)、[2]カディルクロフ・カニべック(SKアカデミー)、[3]今井嘉惟(SKアカデミー)

▼70㎏級 [1]砂川航祐(高安組クラブ)、[2]加賀谷廉(自衛隊体育学校OB)、[3]磯次郎(陸上自衛隊東部方面輸送隊)

▼74㎏級 [1]水野真斗(AACC)、[2]岩井康輔(舞鶴クラブ)、[3]成田竜也(秋田県体協)

▼79㎏級 [1]赤地俊樹(アカチコーポレーション)、[2]本村匠(沖縄県協会)、[3]本木臣代士(湯布院第302観測中隊)

▼86㎏級 [1]与那覇竜太(慶應義塾大レスリング部)、[2]小山内大輝(警視庁クラブ)、[3]江上剛(ESK格闘技アカデミー)

▼92㎏級 [1]竹内亮亘(ALSOK)、[2]加藤耀汰(国士舘クラブ)、[3]澁江悠介(アライアンス)

▼97㎏級=出場なし

▼125㎏級 [1]田中哲矢(自衛隊)、[2]須惠勝貴(大阪府警察)、[3]岩田直弥(秋田県警察)


個人戦・女子

▼50㎏級 [1]山田海南江(自衛隊)、[2]田口あい(日体大)、[3]持田真希(国士舘大)

▼53㎏級 [1]吉田柚夏(日体大)

▼55㎏級 [1]水口瑠子(日体大)、[2]輿水ゆめみ(神奈川大)、[3]大竹留未奈(富岡市教室)

▼57㎏級 [1]樋口耀(日体大)、[2]佐藤聖華(秋田市役所)、[3]齋藤遥花(神奈川大)

▼59㎏級 [1]今佑海(日大)、[2]小林奏音(早大)、[3]葛谷美瑠(日体大)

▼62㎏級 [1]小玉彩天奈(早大)、[2]屋比久すず(国士舘大)、[3]河内沙樹(日体大)

▼65㎏級 [1]曽根川陽菜(九州共立大)、[2]関下由希(福岡大)

▼68㎏級 [1]丸山栞和(日体大)

▼72㎏級=出場なし

▼76㎏級=出場なし


個人戦・男子レコローマン

▼55㎏級 [1]大谷康太(マルワジム横浜)、[2]藤田侑志(広島県協会)、[3]清水優真(マイスポーツハウス)

▼60㎏級 [1]小坂健太(国士舘クラブ)、[2]林拓海(日本ペットアンドアニマル専門学校)、[3]山田基(川崎市社会福祉事業団)

▼63㎏級 [1]吉川航平(秋田商高教)、[2]河本圭智(自衛隊体育学校OB)、[3]圡田尚人(KRAZY BEE)

▼67㎏級 [1]上垣勇二(自衛隊)、[2]影山大洋(滋賀レイクスターズ)、[3]井ノ口崇之(自衛隊)

▼72㎏級 [1]藤原稜(今治特別支援学校)、[2]山口優(警視庁クラブ)、[3]宮部城二(米陸軍消防隊)

▼77㎏級 [1]花山和寛(自衛隊)、[2]小室裕大(自衛隊)、[3]塩﨑剛(尾鷲総合病院)

▼82㎏級 [1]向井識起(大宮32普連)、[2]北川幸一(松阪クラブ)、[3]福井将真(マイスポーツハウス)

▼87㎏級 [1]坂野修平(TSSプロダクション)、[2]川村洋史(自衛隊)、[3]岡本鉄平(警視庁クラブ)

▼97㎏級 [1]米平安寛(日本ウェルネススポーツ大職)、[2]木下駿(自衛隊)、[3]宮國雄太(南風原高教)

▼130㎏級 [1]河野隆太(あづまフーズ)、[2]櫻井紀宏(警視庁クラブ)、[3]須惠勝貴(大阪府警察)


 《個人賞》

 【JOC杯】米平安寛(日本ウエルネススポーツ大職=男子グレコローマン97㎏級)

 【最優秀選手賞】大城一晟(大宮32普連=男子フリースタイル57㎏級)、上垣勇二(自衛隊=男子グレコローマン67㎏級)、山田海南江(自衛隊=女子50㎏級)

 【優秀選手賞】水野真斗(AACC=男子フリースタイル74㎏級)、向井識起(大宮32普連=男子グレコローマン82㎏級)

 【敢闘賞】砂川航祐(高安組クラブ=男子フリースタイル70㎏級)、小玉彩天奈(早大=女子62㎏級)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に