日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.11.21

エジプトから12年ぶり、スロバキア、キューバ女子から初の“世界チャンピオン”誕生…2018年U-23世界選手権


エジプトから12年ぶりの“世界王者”に輝いたモハメド・イブラヒム・エルサイド

 2018年U-23世界選手権は11月12~18日、ルーマニア・ブカレストで行われ、男子グレコローマンはジョージアが3階級を制覇。国別対抗得点でもロシアを押さえ、昨年に続いて優勝した。67kg級はシニアのアフリカ選手権優勝のモハメド・イブラヒム・エルサイド(エジプト)が優勝。同国から「世界」と名がつく大会での優勝は、2006年世界選手権・男子グレコローマン84kg級のモハメド・イブラヒム・アブデルファタ(その後、バーレーンへ国籍変更)以来。

 男子フリースタイルでもジョージアが3階級で優勝したが、国別対抗得点は、6階級で決勝に進んで2階級で勝ったロシアに及ばなかった。70kg級はシニアの世界選手権10位のタイムラス・サルカザノフ(スロバキア)が優勝。同国からあらゆる世代を通じて初の世界チャンピオンとなった(注=チェコスロバキアを除く)。

 女子は日本が5階級を制したほか、カナダ、ノルウェー、キューバ、トルコ、中国が優勝を分けた。68kg級を制したユダリス・サンチェス・ロドリゲス(キューバ)は、同国女子として初の“世界チャンピオン”。59kg級は、シニアの世界選手権57kg級5位のグレース・ジェイコブ・バレン(ノルウェー)が、同級優勝のロン・ニンニン(中国)に世界選手権でのリベンジを果たして優勝した。
 
 各階級のメダル獲得選手は下記の通り。(写真=UWW提供)

キューバ女子初の“世界チャンピオン”となったユダリス・サンチェス・ロドリゲス

シニア世界選手権のリベンジを果たしたグレース・ジェイコブ・バレン(ノルウェー)


男子グレコローマン

 【55kg級】
[1]Tsurtsumia, Nugzari(ジョージア)
[2]Kabaloev, Vitali(ロシア)
[3]Dordokov, Balbai(キルギス)
[3]Bekbolatov, Amangali(カザフスタン)

 【60kg級】
[1]文田健一郎(日本)
[2]Mammadov, Murad(アゼルバイジャン)
[3]Mohsen Nejad, Mehdi Seifollah(イラン)
[3]Kamal, Kerim Kazim(トルコ)

 【63kg級】
[1]遠藤功章(日本)
[2]Biciu, Alexandru(モルドバ)
[3]Mihut, Mihai Radu(ルーマニア)
[3]Hrushyn, Aleksander(ウクライナ)

 【67kg級】
[1]Elsayed, Mohamed Ibrahim(エジプト)
[2]Jafarov, Karim(アゼルバイジャン)
[3]Mirzoyan, Alen(ロシア)
[3]Losonczi, Otto(ハンガリー)

 【72kg級】
[1]Arslan, Cengiz(トルコ)
[2]Zoidze, Ramaz(ジョージア)
[3]Levai, Tamas(ハンガリー)
[3]Kissymetov, Kaharman(カザフスタン)

 【77kg級】
[1]Cataraga, Daniel(モルドバ)
[2]Bisultanov, Raibek(デンマーク)
[3]Saidkhasanov, Ismail(ロシア)
[3]Cengiz, Fatih(トルコ)

 【82kg級】
[1]Bolkvadze, Gela(ジョージア)
[2]Ojog, Nicu Samuel(ルーマニア)
[3]Klimovich, Nikita(ベラルーシ)
[3]Ebrahimi, Mahdi Asgar(イラン)

 【87kg級】
[1]Novikov, Semyon(ウクライナ)
[2]Gregorich Hechavarria, Daniel(キューバ)
[3]Abbasov, Islam(アゼルバイジャン)
[3]Kurs, Anton(ベラルーシ)

 【97kg級】
[1]Golovin, Aleksander(ロシア)
[2]Toeroek, Zsolt(ハンガリー)
[3]Heydari, Ali Akbar(イラン)
[3]Melia, Georgi(ジョージア)

 【130kg級】
[1]Pataridze, Zviadi(ジョージア)
[2]Yildirim, Osman(トルコ)
[3]Yousofiaahmadchali, Aliakbar Hossein(イラン)
[3]Mohamed, Abdellatif Mohamed Ahmed(エジプト)

 《国別対抗得点》
[1]ジョージア 126点
[2]ロシア 101点
[3]トルコ 87点
[4]日 本 80点
[5]アゼルバイジャン 71点
[6]イラン 70点

男子フリースタイル

 【57kg級】
[1]長谷川敏裕(日本)
[2]Kumar, Ravi(インド)
[3]Markovich, Taras(ウクライナ)
[3]Zou, Wanhao(中国)

 【61kg級】
[1]Idrisov, Magomedrasul(ロシア)
[2]Fausz, Sean(米国)
[3]Okhlopkov, Nikolai(ルーマニア)
[3]Liu, Minghu(中国)

 【65kg級】
[1]樋口 黎(日本)
[2]Rahimzadeh, Ali(アゼルバイジャン)
[3]Sacultan, Maxim(モルドバ)
[3]Dudaev, Islam(ロシア)

 【70kg級】
[1]Salkazanov, Taimuraz(スロバキア)
[2]Baev, David(ロシア)
[3]基山仁太郎(日本)
[3]Uslu, Enes(トルコ)

 【74kg級】
[1]Kentchadze, Avtandil(ジョージア)
[2]Vasilioglu, Maxim(ルーマニア)
[3]Zanganeh, Navid Morad(イラン)
[3]Bizhoev, Timur(ロシア)

 【79kg級】
[1]Kentchadze, Nika(ジョージア)
[2]Nabiev, Gadzhi(ロシア)
[3]Nazhmudinov, Omarashkab(ルーマニア)
[3]Orazgylyov, Dauletmurat(トルクメニスタン)

 【86kg級】
[1]Ghasempour, Kamran(イラン)
[2]Naifonov, Artur(ロシア)
[3]Ganbaatar, Gankhuyag(モンゴル)
[3]Suleymanov, Murad(アゼルバイジャン)

 【92kg級】
[1]Zubairov, Shamil(アゼルバイジャン)
[2]Sotiev, Aslanbek(ロシア)
[3]Shahbazigazvar, Hossein Lotfali(イラン)
[3]Hrytsay, Bogdan(ウクライナ)

 【97kg級】
[1]Matcharashvili, Givi(ジョージア)
[2]Moore, Kollin Raymond(米国)
[3]Shabanibengar, Ali Khalil(イラン)
[3]Ovsyannikov, Igor(ロシア)

 【125kg級】
[1]Gamidov, Said(ロシア)
[2]Hemida, Youssif Ibrahim(米国)
[3]Andriadze, Rolandi(ジョージア)
[3]Taheri, Amin Hossein(イラン)

 《国別対抗得点》
[1]ロシア 181点
[2]ジョージア 108点
[3]イラン 105点
[4]日本 93点
[5]米国 92点
[6]ウクライナ 70点

女子

 【50kg級】
[1]五十嵐未帆(日本)
[2]Sokolova, Nadeshda(ロシア)
[3]Priceputu, Stefania(ルーマニア)
[3]Tsogtochir, Namuuntsetseg(モンゴル)

 【53kg級】
[1]角谷萌々果(日本)
[2]Dadasheva, Milana(ロシア)
[3]Ana, Andreea Beatrice(ルーマニア)
[3]Bereza, Kristina(ウクライナ)

 【55kg級】
[1]五十嵐彩季(日本)
[2]Ouyang, Junling(中国)
[3]Brugger, Elena Heike(ドイツ)
[3]Sedneva, Marina(カザフスタン)

 【57kg級】
[1]Town, Alexandra(カナダ)
[2]花井瑛絵(日本)
[3]Sukhee, Tserenchimed(モンゴル)
[3]Andreeva, Aleksandra(ロシア)

 【59kg級】
[1]Bullen, Grace Jacob(ノルウェー)
[2]Rong, Ningning(中国)
[3]Kremzer, Olena(ウクライナ)
[3]熊野ゆづる(日本

 【62kg級】
[1]川井友香子(日本)
[2]Prokopevniuk, Ilona(ウクライナ)
[3]Enkhbat, Gantuya(モンゴル)
[3]Niemesch, Luisa(ドイツ)

 【65kg級】
[1]源平彩南(日本)
[2]Manolova, Elis(アゼルバイジャン)
[3]Kuznetzova, Maria(ロシア)
[3]Koliadenko, Irina(ウクライナ)

 【68kg級】
[1]Sanchez Rodriguez, Yudaris(キューバ)
[2]森川美和(日本)
[3]Velieva, Khanum(ロシア)
[3]Glaude, Alexandria Junis(米国)

 【72kg級】
[1]Tosun, Buse(トルコ)
[2]Anghel, Alexandra Nicoleta(ルーマニア)
[3]Bakbergenova, Zhamila(カザフスタン)
[3]Wang, Xiaoqian(中国)

 【76kg級】
[1]Paliha, Paliha(中国)
[2]Oezbege, Ayseguel(トルコ)
[3]Bullock, Korinahe Jacquia(米国)
[3]Yerkebayeva, Gulmaral(カザフスタン)

 《国別対抗得点》
[1]日 本 188点
[2]ロシア 113点
[3]中 国 106点
[4]ウクライナ 81点
[5]米 国 76点
[6]モンゴル 75点

 






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に