日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.11.24

イランの男子グレコローマン指揮官にモハマド・バナ氏が復帰…2012年ロンドン大会の再現を目指す


イラン・グレコローマンの英雄、ハミド・スーリヤン(右)を育てたモハメド・バナ氏

 イランのメディアが報じたところによると、イランの男子グレコローマンのヘッドコーチに、モハマド・バナ氏が2年ぶりに復帰することになった。2012年ロンドン・オリンピックで、イランが7階級中3階級を制した時の指揮官。

 ロンドン大会後に別のヘッドコーチが就任したが、成績が振るわなかったため、2015年世界選手権(米国)のあとバナ氏がヘッドコーチに復帰した。それでも2016年リオデジャネイロ・オリンピックは銅メダル2個。同氏は会場で「恥ずかしい」とコメントし、悔し涙にくれたと報じられている。

 バナ氏は元々“ショートリリーフ”だったようで、同オリンピック後はアリ・アシュカニ氏が同スタイルの指揮官に就任し、東京オリンピックを目指す予定だった。しかし、昨年の世界選手権(フランス)は銅メダル3個、今年の世界選手権は銅メダル1個。往年の強さが消え、再びバナ氏に白羽の矢が立ったもよう。

 バナ氏は「正直なところ、ナショナル・チームに復帰したい気持ちはなかった。しかし、チームを助ける時だと思った。ここ数年の失敗を繰り返さないためには、失敗から学ばなければならない。2020年オリンピックへ向けて、多くの難題がある」とコメントした。

 イランの男子グレコローマンは、2014年のハミド・スーリヤン(59kg級)以来、世界一の選手が生まれていない。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に