日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.11.28

【2018年世界選手権・レビュー(14)】女子57kg級/決勝・表彰式・闘いのあと


(2018年10月24~25日、ハンガリー・ブダペスト / 撮影=保高幸子)


【女子58kg級・優勝】
Rong, Ningning(栄寧寧=中国)

 1997年10月5日生まれ、20歳。13歳からレスリングを始める。2015年アジア・ジュニア選手権59kg級3位を経て、翌2016年からシニアの国際舞台へ。昨年の世界選手権は58kg級で5位。今年は1月のヤリギン国際大会(ロシア)59kg級で勝ち、3月のアジア選手も優勝。57kg級に下げて6月の中国オープンと9月のポーランド・オープンでも優勝し、2度目の世界選手権で世界一に輝いた。

《1回戦~決勝の成績》
決 勝 ○[3-3]Dudova, Bilyana Zhivkova(ブルガリア)
準決勝 ○[Tフォール、4:13=12-2]Bullen, Grace Jacob(ノルウェー)
3回戦 ○[フォール、3:43=4-3]Dhanda, Pooja(インド)
2回戦 ○[Tフォール、2:32=10-0]Kolesnik, Alyona(アゼルバイジャン)
1回戦  BYE


2~3位選手

[2]Dudova, Bilyana Zhivkova(ビリャナ・ジフコワ・デュドバ=ブルガリア)
[3]Dhanda, Pooja(プージャ・ダンダ=インド)
[3]Barka, Emese(エメセ・バルカ=ハンガリー)

【左から】2位=ビリャナ・ジフコワ・デュドバ(ブルガリア)、優勝=栄寧寧(中国)、3位=エメセ・バルカ(ハンガリー)、プージャ・ダンダ(インド)


その他の注目選手の闘い

 2016年リオデジャネイロ・オリンピックを含めて4年連続世界一を目指したヘレン・マルーリス(米国)は、1回戦で欧州選手権3位のアルヨナ・コレスニク(アゼルバイジャン)に第2ピリオド、カウンター技を受けてしまってフォール負け。コレスニクが2回戦で優勝した栄寧寧(中国)に敗れたため、敗者復活戦に回れなかった。

 昨年55kg級2位のオデュナヨ・アデクオロイェ(ナイジェリア)は2回戦で3位に入ったプージャ・ダンダ(インド)に敗れた。

 昨年のU-23世界選手権58kg級2位でアジア大会3位のバチェチェグ・アルタンチェチェグ(モンゴル)は、1回戦でアジア選手権5位のイン・スンヨン(北朝鮮)にフォール負け。イン・スンヨンは3回戦でグレース・ジェーコブ・バレン(ノルウェー)に敗れた。バレンは5位。


【女子57kg級・決勝】
Rong, Ningning(栄寧寧=中国)○[3-3]●Dudova, Bilyana Zhivkova(ブルガリア)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に