日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.12.01

【2018年世界選手権・レビュー(17)】女子65kg級/決勝・表彰式・闘いのあと


(2018年10月23~24日、ハンガリー・ブダペスト / 撮影=保高幸子)


【女子65kg級・優勝】
Olli, Petra Maarit(ペトラ・マーリット・オッリ=フィンランド)

 1994年6月5日生まれ、24歳。8歳からレスリングを始める。2010年ユース・オリンピック46kg級3位、2011年欧州ジュニア選手権51kg級3位など早くから国際舞台での実績を残す。2012年ロンドン・オリンピックは出場できなかったが、2014年欧州選手権58kg級3位、2015年世界選手権2位などを経て、2016年リオデジャネイロ・オリンピックへ出場(10位)。2017年はU23欧州選手権63kg級優勝、今年は欧州選手権65kg級で優勝し、フィンランド女子として初の世界チャンピオンに輝いた。

《1回戦~決勝の成績》
決 勝 ○[6-5]Lappage, Danielle(カナダ)
準決勝 ○[6-6]源平彩南(至学館大)
3回戦 ○[6-2]Ritu, Ritu(インド)
2回戦 ○[4-4]Georgieva, Sofiya Hristova(ブルガリア)
1回戦  BYE


2~3位選手

[2]Lappage, Danielle(ダニエレ・ラッページ=カナダ)
[3]源平彩南(至学館大)
[3]Netreba, Irina(イリナ・ネトレバ=アゼルバイジャン)

【左から】2位=ダニエレ・ラッページ(カナダ)、優勝=ペトラ・マーリット・オッリ(フィンランド)、3位=源平彩南(至学館大)、イリナ・ネトレバ(アゼルバイジャン)


その他の注目選手の闘い

 欧州選手権3位のイロナ・プロコペブニウク(ウクライナ)は初戦の2回戦でリツ(インド)に黒星。リツは優勝したペトラ・マーリット・オッリ(フィンランド)に3回戦で敗れ、3位決定戦では源平彩南に敗れた。

 6月の中国オープンと9月のメドベジ国際大会(ベラルーシ)を制したタン・チュイン(中国)は3位になったイリナ・ネトレバ(アゼルバイジャン)に3回戦で敗れた。

 パンアメリカン選手権優勝のフォレスト・アン・モリナリ(米国)は2位になったダニエレ・ラッページ(カナダ)に3回戦で敗れ、敗者復活戦は勝ったが、3位決定戦でイリナ・ネトレバに敗れた。


【女子65kg級・決勝】
Olli, Petra Maarit(フィンランド)○[6-5]●Lappage, Danielle(カナダ)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に