日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.12.14

U23女子に川井友香子(至学館大)、カデット女子に鏡優翔(JWA)…UWW2018年「レスラー・オブ・ザ・イヤー」


 世界レスリング連盟(UWW)は12月13日、ホームページ上で2018年のU23、ジュニア、カデットの各世代の「レスラー・オブ・ザ・イヤー」(年間最高選手)を発表。U23の女子に川井友香子(至学館大)、カデット世代の女子に鏡優翔(JOCエリートアカデミー)が選出された。

 川井は、10月のシニアの世界選手権(ハンガリー)62kg級で銀メダルを獲得したことに続き、11月のU23世界選手権(ルーマニア)同級でも優勝したことが評価された。U23世界選手権の72kg級で優勝したブセ・トスン(トルコ)もシニア銅メダルに続いての両世界選手権でのメダル獲得だったが、川井は前年の世界ジュニア選手権9位、シニアの世界選手権8位から一気に浮上した成長度が評価された。

 鏡は、ユース・オリンピックでは銅メダルに終わったが、世界カデット選手権2年連続優勝が認められた。70kg級での出場だった2017年大会(ギリシャ)は、4試合とも第1ピリオドのテクニカルフォール勝ちで、ポイントの合計は41-0。73kg級に出場した今年(クロアチア)は、第2ピリオドにもつれた試合もあったが、やはり4試合を無失点のテクニカルフォールで勝ち、ポイント合計は42-0。2年連続の圧勝優勝だったことが評価された。

 各世代の選出選手は下記の通り。(写真=ともにチーム提供)

U23世界選手権優勝の川井友香子(至学館大)

世界カデット選手権優勝の鏡優翔(JWA)


2018年レスラー・オブ・ザ・イヤー

《U23》
 【男子】Pataridze, Zviadi(ジョージア/グレコローマン130kg級)=U23欧州選手権優勝/U23世界選手権優勝
 【女子】川井友香子(日本/62kg級)=世界選手権2位/U23世界選手権優勝

《ジュニア》
 【男子】Komarov, Aleksander(ロシア/グレコローマン82kg級)=欧州ジュニア選手権優勝/世界ジュニア選手権優勝(ともに2年連続優勝で、カデットから通算して4年連続欧州&世界を制覇)
 【女子】Velieva, Khanum(ロシア/68kg級)=欧州ジュニア選手権優勝/世界ジュニア選手権優勝(ともに2年連続優勝)

《カデット》
 【男子】Amirli, Alihasan(アゼルバイジャン/フリースタイル48kg級)=欧州カデット選手権3位/世界カデット選手権優勝(2連覇)
 【女子】鏡優翔(日本/73kg級)=アジア・カデット選手権優勝/世界カデット選手権優勝(2連覇)/ユース・オリンピック3位







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に