日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.12.22

高橋侑希(ALSOK)が3連覇、皆川博恵(クリナップ)は5度目の優勝…2018年全日本選手権・第3日(1)


学生のホープを下し、第一人者の地位を守った高橋侑希(ALSOK)

 2018年天皇杯全日本選手権第3日は12月22日、東京・駒沢体育館で前日スタートの男女7階級の敗者復活戦とファイナル、この日から始まった中の男子2階級で決勝までが行われた。男子フリースタイル57kg級は、世界選手権3位の高橋侑希(ALSOK)が1年生で全日本大学選手権61kg級を制した山口海輝(日体大)を接戦の末に破り、3年連続3度目の優勝を飾った。

 同74kg級は世界選手権代表の藤波勇飛(山梨学院大)が順当勝ちし、2年連続2度目の優勝。同61kg級は世界大学選手権優勝の藤田雄大(青山学院大)が優勝。同大学のOBで優勝した選手はいるが、学生としては初の日本一に輝いた。同70kg級は全日本大学選手権優勝の志賀晃次郎(拓大)が初優勝。

藤波勇飛(山梨学院大)も地力を発揮して2連覇達成

 男子グレコローマン66kg級は同門同期の決勝となり、高橋昭五(警視庁)が世界選手権代表の下山田培(警視庁)を破って2年ぶりの日本一に返り咲いた。世界選手権77・82kg級の代表が途中で負けた男子グレコローマン77kg級は、全日本社会人選手権3位の小路直頌(自衛隊)が初優勝。55kg級は世界大学選手権2位の片桐大夢(拓大)が初優勝。

 女子76kg級は5者リーグ戦で行われ、世界選手権3位の皆川博恵(クリナップ)が4戦全勝で3年連続5度目の優勝。同65kg級はアジア・ジュニア選手権優勝の類家直美(愛知・至学館高)が3人の大学選手を破って初優勝を遂げた。

 各階級の成績は下記の通り。(撮影=矢吹建夫)


《トーナメント・リーグ戦表》

男子フリースタイル 男子グレコローマン  女  子 
57kg 61kg 70kg 74kg 55kg級 67kg 77kg 65kg 76kg

男子フリースタイル

 【57kg級】

 ▼決勝
高橋侑希(ALSOK)○[6-4]●山口海輝(日体大)

※高橋は3年連続3度目の優勝

 ▼3位決定戦
荒木大貴(専大)○[3-1]●清岡幸大郎(高知・高知南高)
小栁和也(自衛隊)○[4-3]●長谷川敏裕(日体大)

 ▼敗者復活戦
荒木大貴(専大)○[6-1]●岩澤侃(早大)
長谷川敏裕(日体大)○[5-3]●森川海舟(東京・自由ヶ丘学園高)

------------------------------

 【61kg級】

 ▼決勝
藤田雄大(青山学院大)○[6-0]●有元伸悟(近大職)

※藤田は初優勝

 ▼3位決定戦
永田丈治(国士舘大)○[2-1]●中村勇士(島根・隠岐島前高)
中田陽(三重・朝明高教)○[2-1]●吉村拓海(早大)

 ▼敗者復活戦
中村勇士(島根・隠岐島前高)○[6-3]●菊地憲(ALSOK秋田)
中田陽(三重・朝明高教)○[Tフォール、5:05=13-3]●清水蛍汰(拓大)

------------------------------

 【70kg級】

 ▼決勝
志賀晃次郎(拓大)○[5-2]●瀬野春貴(日体大)

※志賀は初優勝

 ▼3位決定戦
乙黒圭祐(山梨学院大)○[5-3]●坂野秀尭(日大)
原口伸(国士舘大)○[4-3]●米澤凌(早大)

 ▼敗者復活戦
坂野秀尭(日大)○[Tフォール、4:02=11-0]●西村拓真(山口・田布施農工高職)
原口 伸(国士舘大)○[4-2]●諏訪間新之亮(佐賀・鳥栖工高)

 ▼準決勝
瀬野春貴(日体大)○[6-4]●乙黒圭祐(山梨学院大)
志賀晃次郎(拓大)○[3-2]●米澤凌(早大)

 ▼準々決勝
乙黒圭祐(山梨学院大)○[14-9]●中村優太(専大)
瀬野春貴(日体大)○[Tフォール、5:17=11-1]●坂野秀尭(日大)
志賀晃次郎(拓大)○[7-2]●原口伸(国士舘大)
米澤凌(早大)○[6-0]●木村優太(専大)

 ▼1回戦
瀬野春貴(日体大)○[Tフォール、0:36=10-0]●西村拓真(山口・田布施農工高職)
坂野秀尭(日大)○[Tフォール、5:37=14-4]●西海静(日本文理大)
志賀晃次郎(拓大)○[3-1]●諏訪間新之亮(佐賀・鳥栖工高)
原口伸(国士舘大)○[9-0]●松田健悟(青山学院大職)
米澤凌(早大)○[フォール、1:33=4-0]●坂本栄裕(山梨・須玉中教)
木村優太(専大)○[3-1]●砂川航祐(髙安組)

------------------------------

 【74kg級】

 ▼決勝
藤波勇飛(山梨学院大)○[フォール、1:44=4-2]●保坂健(自衛隊)

※藤波は2年連続2度目の優勝

 ▼3位決定戦
奥井眞生(自衛隊)○[3-2]●吉田隆起(拓大)
三輪優翔(日体大)○[3-0]●水野真斗(AACC)

 ▼敗者復活戦
吉田隆起(拓大)○[2-1]●中村百次郎(佐賀県協会)
水野真斗(AACC)○[負傷棄権、0:01]●梅林太朗(早大)


男子グレコローマン

 【55kg級】

 ▼決勝
片桐大夢(拓大)○[5-0]●松井謙(中京学院大中京高)

※片桐は初優勝

 ▼3位決定戦
小川翔太(日体大)○[4-3]●稲葉海人(日体大)
齋藤僚太(法大)○[フォール、2:16=6-0]●小坂健太(国士舘クラブ)

 ▼敗者復活戦
稲葉海人(日体大)○[Tフォール、1:37=14-0]●小野弘運(徳山大)
齋藤僚太(法大)○[15-12]●塩谷優(東京・自由ヶ丘学園高)

 ▼準決勝
片桐大夢(拓大)○[8-1]●小川翔太(日体大)
松井謙(中京学院大中京高)○[Tフォール、5:28=8-0]●小坂健太(国士舘クラブ)

 ▼2回戦
小川翔太(日体大)○[Tフォール、3:54=10-0]●宮原潤(国士舘大)
片桐大夢(拓大)○[Tフォール、2:16=12-2]●小野弘運(徳山大)
小坂健太(国士舘クラブ)○[Tフォール、0:55=9-0]●槇本大輔(徳山大)
松井謙(中京学院大中京高)○[Tフォール、3:55=9-0]●塩谷優(東京・自由ヶ丘学園高)

 ▼1回戦
小野弘運(徳山大)○[Tフォール、1:00=8-0]●山口純平(日体大)
片桐大夢(拓大)○[7-1]●稲葉海人(日体大)
槇本大輔(徳山大)○[9-7]●比嘉優太(神奈川大)
小坂健太(国士舘クラブ)○[Tフォール、5:08=16-5]●大谷康太(マルワジム横浜)
塩谷優(東京・自由ヶ丘学園高)○[Tフォール、0:51=8-0]●加藤万豊(明大)
松井謙(中京学院大中京高)○[6-4]●齋藤僚太(法大)

------------------------------

 【67kg級】

 ▼決勝
高橋昭五(警視庁)○[4-2]●下山田培(警視庁)

※高橋は初優勝(66kg級と合わせて2度目の優勝)

 ▼3位決定戦
山本貴裕(日体大大院)○[5-1]●北岡佑介(自衛隊)
河名真寿斗(クリナップ)○[5-1]●上垣勇二(自衛隊)

 ▼敗者復活戦
北岡佑介(自衛隊)○[3-2]●勝野亮希(神奈川大)
河名真寿斗(クリナップ)○[5-0]●宇井大和(早大)

------------------------------

 【77kg級】

 ▼決勝
小路直頌(自衛隊)○[4-0]●櫻庭功大(拓大)

※小路は初優勝

 ▼3位決定戦
屋比久翔平(ALSOK)○[Tフォール、2:08=9-0]●下山田周(日体大)
前田祐也(鳥取・鳥取中央育英高職)○[Tフォール、2:06=11-0]●小室裕大(自衛隊)

 ▼敗者復活戦
下山田周(日体大)○[Tフォール、2:11=8-0]●山﨑翔馬(九州共立大)
小室裕大(自衛隊)○[6-4]●一瀬剣(関大)


女子

 【65kg級】

 ▼リーグ3回戦
類家直美(愛知・至学館高)○[8-0]●河内沙樹(日体大)
榎本美鈴(環太平洋大)○[Tフォール、0:46=10-0]●河内美樹(日体大)

《順位》[1]類家直美(愛知・至学館高) 3勝、[2]榎本美鈴(環太平洋大) 2勝1敗、[3]河内美樹(日体大) 1勝2敗、[4]河内沙樹(日体大) 3敗

※類家は初優勝

------------------------------

 【76kg級】

 ▼5回戦
齋藤未来(日本文理大)○[4-2]●阿部梨乃(自衛隊)
皆川博恵(クリナップ)○[3-0]●松雪泰葉(至学館大)

 ▼4回戦
皆川博恵(クリナップ)○[4-0]●古市雅子(日大)
松雪泰葉(至学館大)○[7-4]●齋藤未来(日本文理大)

《順位》[1]皆川博恵(クリナップ) 4勝、[2]松雪泰葉(至学館大) 3勝1敗、[3]古市雅子(日大) 2勝2敗、[4]齋藤未来(日本文理大) 1勝2敗、[5]阿部梨乃(自衛隊) 5敗

※皆川は3年連続5度目の優勝







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に