日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.12.23

【2018年全日本選手権・第3日/特集】川井梨紗子&伊調馨の話


 ■女子57kg級・川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)「オリンピック出場がかかってくる最初の大会で、みんながオリンピックを目指してこの階級に集まってくる。自分は金メダリストという肩書きはあるけれど、ここで取らなくては意味がないと思っているので、特に意識することなく、純粋に勝ちたいという気持ちで臨みました。(この日の試合を終えて)まだ、よかったとも悪かったとも何とも言えません。

 (伊調馨選手との試合について)反省はもちろんありますが、あれも自分の実力。6分間、しっかり闘っている。対策というより、自分のレスリングを何回も見直して練習をしている。自分と伊調選手が勝負するということで、見ている側は面白いと思う。注目している方もたくさんいるはずなので、これで少しでも(レスリングが)盛り上がればいい。練習でやってきたことしか試合には出ないと思う。あと一つ頑張りたい。優勝することが目標。ただそれだけです」


 ■女子57kg級・伊調馨(ALSOK)「明日は、もっと自分から展開をつくって、明治杯(来年6月の全日本選抜選手権)に向けて収穫がたくさんあればいいと思います。三島の時(10月の全日本女子オープン選手権)より練習量は上がっていて、自分の中で気持ちも技も体力も戻ってきているのが分かりました。明日、自分の展開をつくれれば、もっと感覚が戻ると思います。もっとレスリングらしい試合ができたらな、と思います。

 オリンピックへ向けての本当の復帰戦として、この全日本選手権がありました。自分の中で、もっと上げたいという気持ちがあります。ここからが本当の勝負の時だと思います」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に