日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.12.24

【記録】伊調馨(ALSOK)が歴代3位タイの通算13度目の全日本選手権優勝


 女子57kg級の伊調馨(ALSOK)が予選リーグで1敗を喫しながらも、通算13度目の優勝を達成した。過去13度の優勝を達成したのは3選手で、吉田沙保里と並び、歴代3位タイの優勝回数となる。


 《全日本選手権の優勝回数上位選手》

16度= 浜口京子(1996~2007・09・10年、女子70kg級・75kg級・72kg級)
14度= 森山泰年(1982~95年、男子グレコローマン82kg級・90kg級)
13度= 吉田沙保里(2002~11・13・14年、女子55kg級)
    伊調   馨(2002~07・09~11・13・14・18年、女子59kg級・63kg級・57kg級)
10度= 風間栄一(1934~38、46~50年、男子フリースタイル・66kg級・72kg級)
  = 高田裕司(1973~80、84、90年、男子フリースタイル52kg級)
  = 小幡弘之(1988・89・91・93~99年、男子フリースタイル130kg級)
  = 松本慎吾(1999~2008年、男子グレコローマン84kg級・男子フリースタイル96kg級)
 9度= 宮原厚次(1979・81~88年、男子グレコローマン48kg級・52kg級)
   = 赤石光生(1984・86~93年、男子フリースタイル62kg級・68kg級・74kg級)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に