日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.12.25

NTS研修会・全国女子高校生合宿がスタート


約50人の期待の高校女子選手が集まったNTS中央研修会

 スポーツ振興くじの助成を受け、毎年恒例のNTS研修会・全国女子高校生合宿が12月24日から東京・味の素トレーニングセンターで始まった。西口茂樹・強化本部長、笹山秀雄・女子強化委員長(自衛隊)ら全日本コーチの指導のもと、前日まで行われた全日本選手権で優勝した3人の高校選手を含めた約50選手が27日まで3泊4日の合宿を送る。マット練習と体力トレーニングのほか、ルール講習、栄養講習、アンチドーピング講習などの勉強会も実施される。

 笹山強化委員長は「いずれも非オリンピック階級だが、高校生が3人の全日本チャンピオンが出たのは、毎年のこの合宿の成果だと思う。多くの選手にとって刺激になっていると思う」と話す一方、チャンピオン・クラスその下とはでは大きな差があると言う。「その差を少しでも詰めたい」とのこと。

齊藤将士コーチ(警視庁)による技術指導

 この日の練習では、技術練習やスパーリングのほか、男子世界王者の乙黒拓斗(山梨学院大)ほかの試合映像を見せ、男子の世界トップレベルの技術や戦術も学ばせた。同委員長は「すぐにやれと言っても、できるものではない。頭の隅に入れてもらい、所属に帰ってから反復練習してくれればいいと思う」と、がむしゃらに汗をかくだけではなく、トップレベルの試合を見て学ぶことからの練習も望んだ。

 西口本部長はグレコローマンで世界3位、アジア大会優勝の実績を持つ。攻撃の突破口となるツー・オン・ワンによる腕取りからの攻撃方法を求めて指導を請う選手もいて、選手の研究熱心さに満足そうだった。


男子トップ選手の試合映像を見ての技術研究


17歳で全日本チャンピオンに輝いた鏡優翔(JWA/東京・帝京高)。西口強化本部長からツー・オン・ワンを学んでいた


65kg級全日本チャンピオンに輝いた類家直美(右=愛知・至学館高)に挑んだユース・オリンピック・チャンピオンの尾﨑野乃香(JWA/東京・帝京高)


初日の勉強会は栄養講習=チーム提供







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に