日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.01.12

川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が日本スポーツ賞・競技団体別最優秀賞を受賞


 1951年にスタートした読売新聞社制定の日本スポーツ賞の表彰式が1月22日、都内のホテルで行なわれ、レスリングから昨年の世界選手権・女子59kg級を制し、オリンピックを含めて3年連続世界一に輝いた川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が競技団体別最優秀賞に選ばれ、表彰された。

受賞者の中で数少ない世界チャンピオンとしてインタビューを受けた川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)。右の2人はトランポリンで世界一に輝いた森ひかる選手と宇山芽紅選手

 大賞は平昌オリンピックのフィギュアスケート男子で66年ぶりのオリンピック2連覇を飾った羽生結弦選手(ANA)だが、負傷の治療で海外滞在中のため欠席。それもあり、報道陣の注目は世界3連覇を達成した川井に集まり、リクエストに応えて囲み取材に応じた。

 川井は伝統の賞の初受賞に関し、「ふだん接することのない競技の選手の人たちと多く会うことができました。どの競技の選手も頑張っているんだな、と思いました」と話し、これまでとは違った形のエネルギーを吸収した様子。「本当に大事なのはこれから。どんな状況になっても、ぶれない心を持ちたい」と、今年の抱負を話した。

 昨年12月の全日本選手権では、伊調馨(ALSOK)との4年ぶりの対戦に勝利しながら、決勝での再戦で敗れ、6月の全日本選抜選手権で雪辱しなければならない状況となっている。「今回の試合で思ったのは、体力も技術も必要ですが、一番大事なのは気持ちだと思いました。気持ちをしっかり整えていきたい」と話した。

 リオデジャネイロ・オリンピックの時は、前年の世界選手権(米国)で銀メダルを取って代表に内定。1年間、しっかり鍛えてオリンピックに臨んだ。「今回もそういうふうにしたい。妹と一緒にオリンピックに出場したい」と、気持ちを盛り立てていた。

吉田沙保里さんの気遣いに感謝の言葉

 話は前日、引退会見を行った吉田沙保里さんのことに及んだ。吉田さんからは会見の数日前に引退の意思を聞いていたそうだが、「会見のニュースを見て、本当なんだな…、と寂しい気持ちになりました」としんみり。

 2016年リオデジャネイロ・オリンピックでは同じ日に試合があり、自身が金メダル、吉田さんが銀メダルに終わっている。その夜は吉田さんと一緒にテレビ局のスタジオ回りをやったそうだが、「負けたにもかかわらず、『梨紗子はもっと喜んでいいんだよ』と言ってくれ、私に気を遣ってくれました。私がその立場になったら、そんなことできるかどうか…」と、その器の大きさを紹介した。

 パーティーでは、他競技の受賞選手から2ショット写真を求められるなど、オリンピック&世界V2の顔とネームバリューはスポーツ界に徐々に浸透している。他競技選手との顔合わせによって、さらなる飛躍が期待される。

伝統ある賞を受賞した川井

アメリカンフットボール選手から記念撮影を求められた川井







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に