日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.01.14

【記録】優勝回数・連続優勝回数・連勝数で世界トップの吉田沙保里…オリンピック&世界選手権


 現役引退を表明した吉田沙保里の「世界記録」と言えば、オリンピックと世界選手権を合わせた優勝回数「16回」が有名だが、連続優勝回数、連勝数も、アレクサンダー・カレリン(ソ連~ロシア)を抜いて世界トップとなっている。


オリンピック&世界選手権/優勝回数

No. 選 手 名(国 名) 階   級 回数 内   訳
吉田沙保里(日本) 女子55・53kg級 16度 五輪3・世界13
2 伊調 馨(日本) 女子63・58kg級 14度 五輪4・世界10
3 アレクサンダー・カレリン(ロシア) グレコローマン130kg級 12度 五輪3・世界9
4 アレクサンダー・メドベジ(ソ連) フリースタイル+100kg級ほか 10度 五輪3・世界7
5 ブバイサ・サイキエフ(ロシア) フリースタイル74・76kg級 9度 五輪3・世界6
小原日登美(日本) 女子51・48kg級 9度 五輪1・世界8
セルゲイ・ベログラゾフ(ソ連) フリースタイル57・62kg級 8度 五輪2・世界6
アルセン・ファザエフ(ソ連) フリースタイル68kg級 8度 五輪2・世界6
バレンチン・ヨルダノフ(ブルガリア)  フリースタイル52kg級 8度 五輪1・世界7

オリンピック&世界選手権/連続優勝回数

No. 選 手 名(国 名) 階   級 連続優勝回数
1 ※1 吉田沙保里(日本) 女子55・53kg級 16大会連続(2002~15年)
2 アレクサンダー・カレリン(ロシア) グレコローマン130kg級 12年連続(1988~99年)
3 ※2 セルゲイ・ベログラゾフ(ソ連) フリースタイル57kg級ほか 8大会連続(1980~88年)
4 マハーベック・ハダーチェフ(ソ連) フリースタイル90kg級 7年連続(1986~92年)
伊調 馨(日本) 女子63・58kg級 7年連続(2002~08年/10~16年)
※1=2008・12年はオリンピックと世界選手権で優勝、※2=ソ連が不参加だった1984年ロサンゼルス大会を除く

オリンピック&世界選手権/連勝数

No. 選 手 名(国 名) 階   級 連 勝 数
1 吉田沙保里(日本) 女子55・53kg級 79連勝(2002~16年途中)
2 ※伊調 馨(日本) 女子63・58kg級 63連勝(2002~継続中)
3 アレクサンダー・カレリン(ロシア) グレコローマン130kg級 61連勝(1988~2000年途中)
4 ※セルゲイ・ベログラゾフ(ソ連) フリースタイル57・62kg級 46連勝(1980~88年)=推定
5 ※小原日登美(日本) 女子51・48kg級 41連勝(2000~2012年)
6 ジョン・スミス(米国) フリースタイル62kg級 38連勝(1987~92年途中)
7 マハーベック・ハダーチェフ(ソ連) フリースタイル90kg級 32連勝(1986~91年途中)=推定
※小原と伊調は、途中、出場しなかった大会あり。ベログラゾフはソ連が不参加だった1984年ロサンゼルス五輪を除く

 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に