日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.02.20

男子グレコローマンの全日本チームが欧州遠征に出発


ハンガリーへ向けて出発した男子グレコローマン・チーム

男子グレコローマンの全日本チームが2月19日、成田空港発の日本航空で出発した。ハンガリーへ向い、23日(土)~24日(日)にジェールで行われる世界レスリング連盟(UWW)ランキング大会「ハンガリー・グランプリ」に出場。そのあとブルガリア・ルセへ移動し、28日(木)~3月3日(日)の「ダン・コロフ-ニコラ・ペトロフ国際大会」に出場する。

 ハンガリーの大会はランキング大会ということで、例年以上のエントリー選手数。強豪の名前もかなりある。ブルガリアの大会は、ロシアが欧州選手権のセレクションと位置づけ、各階級1~2選手のベストメンバーが参加。両大会とも厳しい闘いとなることが予想される。

 笹本睦監督(日本協会アシスタントコーチ)は「今までやってきたこと、特にグラウンドの攻防をしっかりやらせたい。持ち上げられたりすることのないよう、課題を持ってやってほしい。スタンド戦は、そうそうやられないと思う」と言う。

 今秋からオリンピック予選が始まることをふまえ、「いい試合をするより、結果が重視される。どんな内容でも勝つことを優先してやってほしい」と要望した。ロシアのベストメンバーが参加することについては、「ロシア選手に勝つくらいでないとオリンピック出場は厳しいので、しっかり意識させて闘わせたい」と話した。

世界王者へのライバル意識を燃やす太田忍(ALSOK)

 63kg級に出場する太田忍(ALSOK)は「両大会とも結果を残せるように頑張りたい」と話す。ブルガリアの大会には世界王者のステパン・マリャニャン(ロシア)が出場するが、「普通にやったら負けないでしょう」とさらり。言い過ぎたと思ったのか、「(自分は)まだ世界王者になったことがないので、挑戦者です。勝てば63kg級でも通用する実力があることだし、負けたらまだ頑張らなければないということ。しっかりと実力を確認したい」とチャレンジ精神も忘れなかった。

 「60kg級の世界チャンピオンも63kg級に出てほしい。両方ぶっ倒してやりたい」という強気な言葉も出てきた。階級変更が認められれば、ブルガリアの大会だけでも60kg級に出て本来の階級の世界王者との対戦を目指す方法もあるが、「今からでは体重調整が無理ですね」と残念そう。ウォーミングアップ場で練習する機会があれば、「2度とやりたくない、と(相手が)思うくらい、やってやりたい」と話し、世界王者へのライバル意識を見せた。

 77kg級の小路直頌(自衛隊)は、全日本王者となって初めて全日本チームの遠征に参加する。「緊張していますけど、楽しみという気持ちもある。ひとつでも多くの試合ができるよう頑張りたい。今の自分の実力が世界でどこまで通じるかを試してきたい」と言う。

 同級にはアジアを代表する金炫雨(韓国)がハンガリーの大会に、オリンピック2連覇のロマン・ブラソフ(ロシア)がブルガリアの大会にそれぞれ出るなど、かなりの選手がエントリーしている。「闘ってみたい。練習でやっていることを出したい」と対戦を熱望した。

 初の全日本遠征だが、自衛隊の同年代でもある角雅人(87kg級)や志喜屋正明(97kg級)も参加し、「心強いです。けがのないようにやってきたい」と話し、初の欧州遠征に挑む。

 日本チーム、大会スケジュールは下記の通り。


大会スケジュール

《ハンガリー・グランプリ》
2月23日(土) 55・63・72・82・97kg級(1回戦~決勝)
   24日(日) 60・67・77・87・130kg級(同)

《ダン・コロフ-ニコラ・ペトロフ国際大会》=下記は男子グレコローマンの日程
2月28日(木) 55・63・72・82kg級(1回戦~準決勝)
3月1日(金) 前日スタート階級の敗者復活戦・ファイナル
         87・97・130kg級(1回戦~準決勝)
  2日(土) 前日スタート階級の敗者復活戦・ファイナル
         60・67・77kg級(1回戦~準決勝)
  3日(日) 前日スタート階級の敗者復活戦・ファイナル


日本チーム

《役員》

【監督】笹本睦(日本オリンピック委員会)、【コーチ】鶴巻宰(自衛隊)

【トレーナー】近敏成(日本スポーツ振興センター)

【帯同審判】篠原正樹(静岡・吉原工高教)=ハンガリー、増田荘史(香川・多度津工高教)=ブルガリア

《選手》=大会出場予定階級

▼63kg級 太田 忍(ALSOK)
▼67kg級 遠藤功章(日体大)
  〃   高橋昭五(警視庁)
  〃   下山田培(警視庁)
▼72kg級 井上智裕(FUJIOH)
▼77kg級 小路直頌(自衛隊)
  〃   櫻庭功大(拓大)
▼87kg級 角 雅人(自衛隊)
  〃   鶴田峻大(自衛隊)
▼97kg級 志喜屋正明(自衛隊)
▼130kg級  園田 新(ALSOK)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に