日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.02.24

63kg級出場の太田忍(ALSOK)が4試合に勝って優勝…2019年ハンガリー・グランプリ第1日


決勝で豪快ながぶり返しを決めた太田忍(ALSOK)

 【ギョール(ハンガリー)】世界レスリング連盟(UWW)の男子グレコローマンのランキング大会、2019年ハンガリー・グランプリは2月23日、ハンガリー・ギョールで5階級が行われ、63kg級に出場した太田忍(ALSOK)は4試合に勝って優勝した。

 太田は1回戦でウクライナ選手を破ったあと、2回戦で2016年リオデジャネイロ・オリンピック59kg級3位のスティグ・アンドレ・ベーゲ(ノルウェー)に6-1で勝利。準決勝でイラン選手を破り、決勝は昨年の世界選手権63kg級5位のツオ・エルバツ(中国)と対戦。前半にがぶり返しを2度決めるなどし、6-0で優勝した。

 太田は昨年のアジア大会60kg級優勝に続く国際大会の優勝。63kg級としては昨年のダン・コロフ-ニコラ・ペトロフ国際大会(ブルガリア)3位に続くメダル獲得で、この大会は2015年大会59kg級に続いての優勝となった。

 72kg級の井上智裕(FUJIOH)は、1回戦で今月初めのUWWランキング大会、ザグレブ・オープン国際大会優勝のロバート・アッチラ・フリトシュ(ハンガリー)を破ったものの、2回戦でトルコ選手に黒星。97kg級の志喜屋正明(自衛隊)は初戦の2回戦でウクライナ選手に3-4で惜敗し、ともに敗者復活戦には回れなかった。

 各選手の成績は下記の通り。

(注)多くの観光ガイドに準じて開催地を「ジェール」と表記してきましたが、現地で確認の結果、「ギョール」と変更します。

UWWランキング大会となり、例年以上の盛り上がりを見せたハンガリー・グランプリ

日本チームの先陣を切って優勝の太田忍、表彰式のあと大会マスコットと記念撮影


男子グレコローマン

 【63kg級】太田忍(ALSOK)   優勝=10選手出場
決 勝 ○[6-0]Tuo, Erbatu(中国)
準決勝 ○[5-3]Delkhani, Meysam(イラン)
2回戦 ○[6-1]Berge, Stig Andre(ノルウェー)
1回戦 ○[5-3]Tsymbaliyuk, Dmitriy(ウクライナ)

-----------------------------

 【72kg級】井上智裕(FUJIOH)   14選手出場
2回戦 ●[0-7]Can, Selcuk(トルコ)
1回戦 ○[6-1]Fritsch, Robert Attila(ハンガリー)

※敗者復活戦に回れず

-----------------------------

 【97kg級】志喜屋正明(自衛隊)   24選手出場
2回戦 ●[3-4]Krysov, Nikolai(ウクライナ)
1回戦  BYE

※敗者復活戦に回れず







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に