日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.04.22

【2019年アジア選手権・展望(男子フリースタイル)】57kg級は高橋侑希(ALSOK)と北朝鮮の争いか


大会スケジュール

 4月23日(火) 男子フリースタイル57・65・70・79・97kg級
  24日(水) 男子フリースタイル61・74・86・92・125kg級
  25日(木) 女子50・55・59・68・76kg級
  26日(金) 女子53・57・62・65・72kg級
  27日(土) 男子グレコローマン55・63・77・87・130kg級
  28日(日) 男子グレコローマン60・67・72・82・97kg級

※1日で1回戦~決勝を実施。各日とも第1セッションは12時30分~15時30分、第2セッション(ファイナル)は19時~22時(いずれも日本時間)


【57kg級】=12ヶ国エントリー

カン・クンソン(北朝鮮)

 昨年のアジア大会優勝のベクバヤール・エルデネバト(モンゴル)は不出場。昨年のアジア選手権優勝でアジア大会2位のカン・クンソン(北朝鮮)と2017年世界選手権優勝の高橋侑希(ALSOK)の争いになるか。アジア大会ではカンが勝っている。

 アジア大会3位のレザ・アトリナガルチ(イラン)、昨年のアジア選手権2位のマクムジョン・シャブカトフ(ウズベキスタン)らが、優勝戦線に加われるか。モンゴル代表として出てくる2017年アジア・ジュニア選手権優勝のナルマンダク・ナサンブヤ(モンゴル)の実力は?

 《エントリー選手》
高橋勇希(日本)
Kumsong KANG(北朝鮮)=2018年アジア選手権優勝
Reza Ahmadali ATRINAGHARCHI(イラン)=2018年アジア大会3位
Makhmudjon SHAVKATOV(ウズベキスタン)=2018年アジア選手権2位
Sunggwon KIM(韓国)=2018年アジア大会5位
Wanhao ZOU(中国)=2018年U23世界選手権3位
Bekbolot MYRZANAZAR UULU(キルギス)=2018年世界ジュニア選手権5位
Hikmatullo VOKHIDOV(タジキスタン)=2018年アジア大会出場
 (控え)Muhamad IKROMOV(タジキスタン)
Nasanbuya NARMANDAKH(モンゴル)=2017年アジア・ジュニア選手権優勝
Kumar RAVI(インド)
Meirambek KARTBAI(カザフスタン)
Chia Tso LIU(台湾)


【61kg級】=15ヶ国エントリー

 昨年優勝で世界選手権57kg級2位のヌリスラム・サナエフ(カザフスタン)は不出場。同3位で今年2月のタクティカップ(イラン)を制したウルクベク・ゾルドシベコフ(キルギス)、2017年アジア選手権優勝のベフナム・エフサンプール(イラン)が、わずかに抜け出ているか。

 昨年の世界大学選手権57kg級優勝の藤田雄大(自衛隊)、今月のモンゴル・オープン3位のチョグバクラク・チェビーンスレン(モンゴル)、2012年ロンドン・オリンピック55kg級代表のベテラン、キム・ジンチェオル(韓国)らが優勝を争うか。

 《エントリー選手》
藤田雄大(日本)
Behnam Eshagh EHSANPOOR(イラン)=2017年アジア選手権優勝
Ulukbek ZHOLDOSHBEKOV(キルギス)=2018年アジア選手権3位
Tsogbadrakh TSEVEENSUREN(モンゴル)=2019年モンゴル・オープン3位
Jincheol KIM(韓国)=2012年ロンドン・オリンピック55kg級出場
Minghu LIU(中国)=2018年アジア大会57kg級5位
Jahongirmirza TUROBOV(ウズベキスタン)=2018年U23世界選手権57kg級5位
Andy Chak Wang LAU(香港)
Rahul Balasaheb AWARE(インド)=2018年コモンウエルス大会優勝
Mohammed Al Jawad Zuhair K KAREEM(イラク)
Bauyrzhan TOREBEK(カザフスタン)
Kumsong RI(北朝鮮)
Siripong JUMPAKAM(タイ)
Dzhamshed SHARIFOV(タジキスタン)
Hussein Abdullah Hussein Abdullah AL AZZANI(イエメン)


【65kg級】=16ヶ国エントリー

プニア・バジラン(インド)

 世界チャンピオンの乙黒拓斗(山梨学院大)は不出場。昨年のアジア大会優勝で世界選手権2位のプニア・バジラン(インド=登録はバジラン・バジラン)が優勝候補の筆頭か。今年は3月のダン・コロフ-ニコラ・ペトロフ国際大会(ブルガリア)優勝と好調。

 昨年優勝のダウレット・ニヤズベコフ(カザフスタン)、昨年のアジア大会3位のシロディディン・カサノフ(ウズベキスタン)、2016年世界ジュニア選手権60kg級優勝のペイナム・ビャバニ(イラン)、2月のタクティ・カップ(イラン)優勝のエルナザール・アクマタリエフ(キルギス)らが、どこまで上位に食い込めるか。

 《エントリー選手》
清水洸希(日本)
Bajrang BAJRANG(インド)=2018年世界選手権2位
Daulet NIYAZBEKOV(カザフスタン)=2018年アジア選手権優勝
Sirojiddin KHASANOV(ウズベキスタン)=2018年アジア大会3位
Ernazar AKMATALIEV(キルギス)=2019年タクティカップ優勝
Tulga TUMUR OCHIR(モンゴル)=2018年世界選手権7位
Peiman Bioukagha BYABANI(イラン)=2016年世界ジュニア選手権60kg級優勝
Han Song KIM(北朝鮮)=2017年アジア選手権61kg級2位
Katai YEERLANBIEKE(中国)=2018年アジア大会7位
Abdulqosim FAYZIEV(タジキスタン)=2018年アジア大会出場
Haji Mohamad ALI(バーレーン/元ロシア)
Junsik YUN(韓国)
Zi Xyan LIM(シンガポール)
Divoshan CHARLES FERNANDO(スリランカ)
Gerchek HEMRAEV(トルクメニスタン)
Yu Cheng LO(台湾)


【70kg級】=16ヶ国エントリー

 昨年優勝で世界選手権7位のイクテョヨール・ナブルゾフ(ウズベキスタン)が参加。昨年65kg級5位で今年2月のタクティカップ(イラン)を制したユネス・エマミチョウグエイ(イラン)がどこまで食いつけるか。

 昨年のアジア・ジュニア選手権3位の志賀晃次郎(拓大)が、今年3月のワールドカップで世界3位のキューバ選手を破った実力を発揮できるか。

 《エントリー選手》
志賀晃次郎(日本)
Ikhtiyor NAVRUZOV(ウズベキスタン)=2018年アジア選手権優勝
Yones Aliakbar EMAMICHOGHAEI(イラン)=2019年タクティカップ優勝
Batyr BORYAKOV(トルクメニスタン)=2018年アジア大会65kg級5位
Abdullrahman Ibrahim A. IBRAHIM(カタール)=2018年アジア大会74kg級5位
Temuulen ENKHTUYA(モンゴル)=2019年U23アジア選手権優勝
Nurkozha KAIPANOV(カザフスタン)=2018年アジアジュニア選手権3位
Shaohua YUAN(中国)
Tsz Shing LEUNG(香港)
Rajnesh RAJNEESH(インド)
Karam Shakir Mhmood MAHMOOD(イラク)
Mansur SYRGAK UULU(キルギス)
Daesu HAN(韓国)
Hong Yeow LOU(シンガポール)
Sorbon ABDULKHAEV(タジキスタン)
Yu-Hsuan CHANG(台湾)


【74kg級】=15ヶ国エントリー

 昨年優勝のムスリム・エブロエフ(キルギス)、アジア大会優勝で世界選手権3位のベクゾノ・アブデュラクマノフ(ウズベキスタン)は不出場。代わって出てくる選手は、さほどの実績はない。

 アジア大会2位のダニヤール・カイサノフ(カザフスタン)、昨年の世界選手権70kg級2位のアダム・バティロフ(バーレーン=元ロシア)、アジア大会3位の藤波勇飛(ジャパンビバレッジ)らが争うか。藤波はアジア大会でバティロフに勝っている。

 イランは昨年のアジア大会と世界選手権の代表ではなく、昨年のアジア・カデット選手権71kg級優勝のモハマド・アシュガー・ノコディラリミ(イラン)がエントリー。どこまでやるか。

 《エントリー選手》
藤波勇飛(日本)
Adam BATIROV(バーレーン/元ロシア)=2018年世界選手権70kg級2位
Daniyar KAISANOV(カザフスタン)=2018年アジア大会2位
Seungchul LEE(韓国)=2017年アジア選手権65kg級2位
Otgonbayar BATSUURI(モンゴル)=2019年U23アジア選手権優勝
Amit Kumar DHANKHAR(インド)=2017年コモンウエルス選手権70kg級優勝
Mohammad Ashghar NOKHODILARIMI(イラン)=2018年アジア・カデット選手権71kg級優勝
Yin LUO(中国)
Yip Cheuk YEUNG(香港)
Erzo Shamil T ISAKOV(ヨルダン)
Ilgiz DZHAKYPBEKOV(キルギス)
Madushanka WIJESOORIYA MUDIYANSELAGE(スリランカ)
Gulomdzhon SHARIPOV(タジキスタン)
Suleyman OMAROV(トルクメニスタン)
Artyom PRISYAJNYUK(ウズベキスタン)


【79kg級】=11ヶ国エントリー

 昨年優勝、世界選手権5位のエサドラ・アクバリザリンコラエイ(イラン)はエントリーしておらず、同国からは今年2月のタクティカップ(イラン)優勝のバフマン・テイモウリ(イラン)が出てくる。世界軍隊選手権2位の実力を発揮できるか。

 2016年リオデジャネイロ・オリンピック74kg級5位のガリムザン・ウセルバエフ(カザフスタン)が、昨年の世界軍隊選手権3位の実力を発揮するか。

 《エントリー選手》
阿部侑太(日本)
Bahman Mohammad TEYMOURI(イラン)=2019年タクティカップ優勝
Galymzhan USSERBAYEV(カザフスタン)=2016リオデジャネイロ・オリンピック74kg級5位
Zeping LIN(中国)
Parveen RANA(インド)
Oibek NASIROV(キルギス)
Woomin JANG(韓国)
Tugs Erdene DENZENSHARAV(モンゴル)
Azamjon YUSUPOV(タジキスタン)
Sahergeldi SAPARMYRADOV(トルクメニスタン)
Nodirbek EGAMBERDIEV(ウズベキスタン)


【86kg級】=15ヶ国エントリー

 昨年のアジア選手権とアジア大会を制した74kg級オリンピック王者のハッサン・ヤズダニ・チャラティ(イラン)は不出場。同国代表で昨年のU23世界選手権優勝のカムラン・ガセムプールがどこまでやるか。2月のタクティカップ(イラン)でも優勝している。

 米国から国籍を変え昨年のアジア大会2位のドメニク・ミカエル・アボウナダール(レバノン)、同3位のアディレット・ダブルムバエフ(カザフスタン)らが、優勝戦線にからんでくるか。

 《エントリー選手》
村山貴裕(日本)
Domenic Michael ABOU NADER(レバノン/元USA)=2018年アジア大会2位
Adilet DAVLUMBAYEV(カザフスタン)=2018年アジア大会3位
Gwanuk KIM(韓国)=2018年世界選手権5位
Aligadzhi GAMIDGADZHIEV(キルギス/元ロシア)=2018年アジア大会5位
Kamran Ghorban GHASEMPOUR(イラン)=2018年U23世界選手権優勝
Gankhuyag GANBAATAR(モンゴル)=2018年U23世界選手権3位
Deepak PUNIA(インド)=2018年世界ジュニア選手権2位
Zushen LIN(中国)
Issa Abdulsalam Abdulwahhab AL OBAIDI(イラク)
Suresh Chanaka WARNAKULASURIYA FERNANDO(スリランカ)
Mhd Feda Aldin AL ASTA(シリア)
Bakhodur KODIROV(タジキスタン)
Dovletmyrat ORAZGYLYJOV(トルクメニスタン)
Abdurasul VAKHOBOV(ウズベキスタン)


【92kg級】=12ヶ国エントリー

アリレザ・カリミマチアニ(イラン)

 昨年の世界選手権3位のアリレザ・カリミマチアニ(イラン)が2年ぶりの優勝を目指す。昨年はアジア大会の97kg級で優勝するなど実力は抜群。首一つ抜け出ている状況か。

 昨年のアジア選手権3位のアジズベク・ソリエフ(ウズベキスタン)、世界選手権3位の松本篤史(警視庁)らが、カリミマチアニの牙城を崩せるか。

 《エントリー選手》
松本篤史(日本)
Alireza Mohammad KARIMIMACHIANI(イラン)=2018年世界選手権3位
Azizbek SOLIEV(ウズベキスタン)=2018年アジア選手権3位
Changjae SUE(韓国)=2018年アジア選手権5位
Azat GAJYYEV(トルクメニスタン)=2019年U23アジア選手権2位
Muhammad INAM(パキスタン)=2018年コモンウエルス大会優勝
Xiao SUN(中国)
Viky VIKY(インド)
Yeraly ABDRASHEV(カザフスタン)
Chyngyz KERIMKULOV(キルギス)
Ulziisaikhan BAASANTSOGT(モンゴル)
Faridun ODILOV(タジキスタン)


【97kg級】=12ヶ国エントリー

 2016年リオデジャネイロ・オリンピック3位で昨年優勝のマゴメド・イブラギモフ(ウズベキスタン)は出場せず。同国からは代わりの選手もいない。

 アジア大会2位のマゴメド・ムサエフ(キルギス)、2016年リオデジャネイロ・オリンピック7位のレザ・ヤズダニ(イラン)、2017年アジア選手権3位のセオ・ミンウォン(韓国)、昨年の世界選手権8位で4月のモンゴル・オープン優勝のバツル・ウルジイサイカン(モンゴル)らが、空いた座を争う。

 《エントリー選手》
赤熊猶弥(日本)
Magomed MUSAEV(キルギス/元ロシア)=2018年アジア大会2位
Reza Mohammad Ali YAZDANI(イラン)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック7位
Minwon SEO(韓国)=2017年アジア選手権優勝
Rustam ISKANDARI(タジキスタン)=2017年アジア・インドア&マーシャルアーツ大会2位
Batzul ULZIISAIKHAN(モンゴル)=2018年世界選手権8位
Alisher YERGALI(カザフスタン)=2018年世界ジュニア選手権92kg級2位
Haobin GAO(中国)
Satywart KADIAN(インド)
Zaid Husein Mohamad Haroun SHISHANI(ヨルダン)
Pin Cheong Leonard Arthur KONG(シンガポール)
Selimmuhammet MUHADYYEV(トルクメニスタン)


【125kg級】=11ヶ国エントリー

 昨年のアジア選手権優勝のダビッド・モジマナシビリ(ウズベキスタン)、アジア大会優勝のパルビス・ハジ・バスマンジ(イラン)はともに不出場。アジア大会2位で世界選手権も2位のデン・チウェイ(中国)、世界選手権5位のサミット(インド)らが実力を発揮するか。

 ウズベキスタンからは昨年の世界ジュニア選手権3位のハサンボイ・ラヒモフ(ウズベキスタン)、イランからは2月のタクティカップ(イラン)優勝のヤドラフ・モヘビ(イラン)が出てくる。上位進出なるか。

 《エントリー選手》
荒木田進謙(日本)
Zhiwei DENG(中国)=2018年世界選手権2位
Sumit SUMIT(インド)=2018年世界選手権5位
Yadollah Mohammadkazem MOHEBI(イラン)=2018年タクティカップ大会優勝
Oleg BOLTIN(カザフスタン)=2018年アジア大会8位
Khasanboy RAKHIMOV(ウズベキスタン)=2018年世界ジュニア選手権3位
Lkhagvagerel MUNKHTUR(モンゴル)=2019年U23アジア選手権2位
Muzafar ZHAPPUEV(キルギス)=2019年U23アジア選手権4位
Donghwan KIM(韓国)
Farkhod ANAKULOV(タジキスタン)
Sohbet BELLIYEV(トルクメニスタン)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に