日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.04.22

【2019年アジア選手権・展望(男子グレコローマン)】文田健一郎(ミキハウス)に世界3位の中国が挑むか


大会スケジュール

 4月23日(火) 男子フリースタイル57・65・70・79・97kg級
  24日(水) 男子フリースタイル61・74・86・92・125kg級
  25日(木) 女子50・55・59・68・76kg級
  26日(金) 女子53・57・62・65・72kg級
  27日(土) 男子グレコローマン55・63・77・87・130kg級
  28日(日) 男子グレコローマン60・67・72・82・97kg級

※1日で1回戦~決勝を実施。各日とも第1セッションは12時30分~15時30分、第2セッション(ファイナル)は19時~22時(いずれも日本時間)


【55kg級】=10ヶ国エントリー

 昨年2位で、世界選手権も2位だったゾラマン・シャルシェンベコフ(キルギス)は不出場(注=昨年優勝は田野倉翔太)。同3位のザカンシャ・ホーラン(カザフスタン)が優勝候補の筆頭か。3月のダン・コロフ-ニコラ・ペトロフ国際大会(ブルガリア)では2位に入っている。

 2月のハンガリーGP優勝のイルコム・バクロモフ(ウズベキスタン)、同2位のレザ・ケイロラ・ケドリ(イラン)らが続くか。

 《エントリー選手》
片桐大夢(日本)
Khorlan ZHAKANSHA(カザフスタン)=2018年アジア選手権3位
Ilkhom BAKHROMOV(ウズベキスタン)=2019年ハンガリー・GP優勝
Reza Kheirollah KHEDRI(イラン)=2019年タクティカップ2位
Davaabandi MUNKH ERDENE(モンゴル)=2019年U23アジア選手権3位
Yunqiang ZHOU(中国)
Manjeet MANJEET(インド)
Asan SULAIMANOV(キルギス)
Hyeokjin JEON(韓国)
Yuchol RO(北朝鮮)


【60kg級】=12ヶ国エントリー

ワリハン・サイリケ(中国)

 2017年59kg級世界チャンピオンの文田健一郎(ミキハウス)が、2年ぶりのアジア・チャンピオンを目指す。国際大会は4大会連続優勝中だ。

 昨年の世界選手権3位のワリハン・サイリケ(中国)、アジア選手権2位で世界選手権5位のリ・セウン(北朝鮮)、アジア大会3位のメイランベク・アイナグロフ(カザフスタン)メフルダド・マルダニ(イラン)らを蹴散らせるか。

 《エントリー選手》
文田健一郎(日本)
Sailike WALIHAN(中国)=2019年世界選手権3位
Se Ung RI(北朝鮮)=2019年世界選手権5位
Mirambek AINAGULOV(カザフスタン)=2018年アジア大会3位
Mehrdad Abdmohammad MARDANI(イラン)=2018年アジア大会3位
Islomjon BAKHRAMOV(ウズベキスタン)=2018年アジア選手権3位
Jungbaik LEE(韓国)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック59kg級代表
Gyanender GYANENDER(インド)
Ali Abed Alnaser Ali ABUSEIF(ヨルダン)
Rustam TEIISHOV(キルギス)
Umit DURDYYEV(トルクメニスタン)
Jui Chi HUANG(台湾)


【63kg級】=10ヶ国エントリー

アルムラト・タスムラドフ(ウズベキスタン)

 オリンピック階級の67kg級に定着すると思われていたアルムラト・タスムラドフ(ウズベキスタン)がこの階級にエントリーしてきた。昨年優勝で世界選手権2位。この階級では第一人者と言えよう。

 昨年2位のウルマトベク・アマトフ(キルギス)、世界選手権5位で2月のハンガリーGP2位のツオ・エルバツ(中国)らが、その牙城を崩せるか。

 《エントリー選手》
山田義起(日本)
Elmurat TASMURADOV(ウズベキスタン)=2018年世界選手権2位
Erbatu TUO(中国)=2018年世界選手権5位
Urmatbek AMATOV(キルギス)=2018年アジア選手権2位
Saman Morad ABDOUVALI(イラン)=2017年アジア選手権3位
Vikram Krushnath KURADE(インド)
Karrar Abbas Mukasr ALBEEDHAN(イラク)
Kudaibergen TURSYNOV(カザフスタン)
Jinwoong JUNG(韓国)
Islomidin MAZITOV(タジキスタン)


【67kg級】=14ヶ国エントリー

柳漢壽(韓国)

 2017年世界選手権66kg級優勝で昨年のアジア大会も制した柳漢壽(韓国)が、3月のハンガリーGPも制して好調。昨年の世界選手権で3位だったメイルザン・シェルマカンベト(カザフスタン)が、どう挑むか。

 昨年のアジア選手権3位のザン・ガオクアン(中国)ミルゾベク・ラクマトフ(ウズベキスタン)が優勝戦線に浮上できるか。

 《エントリー選手》
高橋昭五(日本)
Hansu RYU(韓国)=2018年アジア大会優勝
Meiirzhan SHERMAKHANBET(カザフスタン)=2018年世界選手権3位
Gaoquan ZHANG(中国)=2018年アジア選手権3位
Mirzobek RAKHMATOV(ウズベキスタン)=2018年アジア選手権3位
Nurgazy ASANGULOV(キルギス)=2017年アジア選手権71kg級3位
Hamed Mousa TAB(イラン)=2019年ベーブ・エムレ-ハミト・カプラン国際大会優勝
Ravinder RAVINDER(インド)
Waael Jasim Abed ALAAJAMI(イラク)
Khanburged GANKHUYAG(モンゴル)
Abdulkarim ALHASAN(シリア)
Mubinjon AKHMEDOV(タジキスタン)
Azatjan ACHILOV(トルクメニスタン)
Fu Hao LIN(台湾)


【72kg級】=11ヶ国エントリー

 昨年優勝のアクゾル・マクムドフ(キルギス)は不出場。空いた座を、同2位のデメウ・ザドラエフ(カザフスタン)、同3位のアラム・バルダニャン(ウズベキスタン)井上智裕(FUJIOH)らが争う。

 昨年のアジア大会67kg級3位のモハマド・レザ・ゲラエイ(イラン)は、今年1月のタクティカップ(イラン)72kg級優勝、3月のU23アジア選手権77kg級2位と、上の階級でも強さを見せている。2014年に66kg級でアジア選手権を制しているルスラン・チャレフ(キルギス)はどこまで上位に食い込めるか。

 《エントリー選手》
井上智裕(日本)
Demeu ZHADRAYEV(カザフスタン)=2018年アジア選手権2位
Aram VARDANYAN(ウズベキスタン)=2018年アジア選手権3位
Mohammadreza Abdolhamid GERAEI(イラン)=2018年アジア大会67kg級3位
Ruslan TSAREV(キルギス)=2017年イスラム諸国連合大会2位
Hujun ZHANG(中国)
Yogesh YOGESH(インド)
Taha Yaseen Dhahir AL SALIHI(イラク)
Ahmad Mahmoud Ahmed DAHSHAN(ヨルダン)
Jiyeon LEE(韓国)
Khabibdzhon ZUKHUROV(タジキスタン)


【77kg級】=12ヶ国エントリー

 昨年優勝のビン・ヤン(中国)は不出場。昨年のアジア大会優勝のモハマダリ・アブドルハミド・ゲラエイ(イラン)とオリンピック&世界王者で昨年のアジア大会3位の金炫雨(韓国)が優勝を争うか。

 ロシア時代にワールドカップ代表になっている昨年世界5位のビラン・ナルギエフ(ウズベキスタン)、同9位のカイラトベク・ツゴルバエフ(キルギス)らの中央アジア勢はどうか。

 《エントリー選手》
小路直頌(日本)
Mohammadali Abdolhamid GERAEI(イラン)=2018年アジア大会優勝
Hyeonwoo KIM(韓国)=2018年アジア大会3位
Bilan NALGIEV(ウズベキスタン=元ロシア)=2018年世界選手権5位
Kairatbek TUGOLBAEV(キルギス)=2018年世界選手権9位
Ridong ZHANG(中国)=2017年アジア・インドア&マーシャルアーツ大会75kg級2位
Tamerlan SHADUKAYEV(カザフスタン)=2017年アジア・インドア&マーシャルアーツ大会75kg級3位
Singh GURPREET(インド)
Sultan Ali Mohd Damen EID(ヨルダン)
Kairatbek TUGOLBAEV(キルギス)
Rabie K. A. KHALIL(パレスチナ)
Bakhit Sharif K. BADR(カタール)
Annamuhammet MOSANOV(トルクメニスタン)


【82kg級】=9ヶ国エントリー

 昨年優勝のアシュカト・ディルムカメドフ(カザフスタン)は不出場で、2位のアタベク・アジスベコフ(キルギス)は階級アップ。アジア選手権で3年連続メダルを手にしているハープリート・シン(インド)、66kg級時代に世界一の経験があり、昨年の世界選手権5位のサエイド・ムラド・アブデュバリ(イラン)らが優勝を争うか。

 昨年77kg級3位のマクサト・イェレゼポフ(カザフスタン)、同5位のジャルガスベイ・ベルディムラトフ(ウズベキスタン)ら階級アップ組はどうか。

 《エントリー選手》
岡嶋勇也(日本)
Saeid Morad ABDVALI(イラン)=2018年世界選手権5位
Singh HARPREET(インド)=2018年アジア選手権3位
Maxat YEREZHEPOV(カザフスタン)=2018年アジア選手権77kg級3位
Jalgasbay BERDIMURATOV(ウズベキスタン)=2018年アジア選手権77kg級5位
Sukhrob ABDULKHAEV(タジキスタン)=2017年アジア・インドア&マーシャルアーツ大会80kg級3位
Haitao QIAN(中国)
Burgo BEISHALIEV(キルギス)
Sanghyeok PARK(韓国)


【87kg級】=11ヶ国エントリー

ホセイン・アーマド・ヌリ(イラン)

 昨年のアジア選手権とアジア大会を制したホセイン・アーマド・ヌリ(イラン)が一歩リード。アジア大会2位のルスタム・アサカロフ(ウズベキスタン)が続く状況。

 同3位のアザマト・クスツバエフ(カザフスタン)シハズベルディ・オベレコフ(トルクメニスタン)、昨年2位の角雅人(自衛隊)、同3位のペン・フェイ(中国)のほか、同82kg級2位のアタベク・アジスベコフ(キルギス)らが追う。

 《エントリー選手》
角雅人(日本)
Hossein Ahmad NOURI(イラン)=2018年アジア選手権・アジア大会優勝
Rustam ASSAKALOV(ウズベキスタン=元ロシア)=2018年アジア大会2位
Azamat KUSTUBAYEV(カザフスタン)=2018年アジア大会3位
Shyhazberdi OVELEKOV(トルクメニスタン)=2018年アジア大会3位
Fei PENG(中国)=2018年アジア選手権3位
Atabek AZISBEKOV(キルギス)=2018年アジア選手権82kg級2位
Kumar SUNIL(インド)
Abbas Shaalan Abdulkadhim AL TAMEEMI(イラク)
Heageun PARK(韓国)
Tokhirdzhon OKHONOV(タジキスタン)


【97kg級】=9ヶ国エントリー

 昨年優勝のルスタム・アサカロフ(ウズベキスタン)は階級を下げ、同2位のイェルラン・イスカコフ(カザフスタン)は不出場。アジア大会優勝のチョ・ヒョチュル(韓国)もエントリーしていない。昨年の世界選手権3位のマフディ・アリヤリ・フェイザバディ(イラン)がリードしている状況か。

 アジア大会2位のディ・シアオ(中国)、アジア選手権とアジア大会でともに3位のウズル・ズズプベコフ(キルギス)らが優勝争いにからんでくるか。

 《エントリー選手》
奈良勇太(日本)
Mahdi Abbas ALIYARIFEIZABADI(イラン)=2018年世界選手権3位
Di XIAO(中国)=2018年アジア大会2位
Uzur DZHUZUPBEKOV(キルギス)=2018年アジア大会3位
Seyeol LEE(韓国)=2014年アジア大会85kg級2位
Jahongir TURDIEV(ウズベキスタン)=2018年アジア大会5位
Hardeep HARDEEP(インド)
Alimkhan SYZDYKOV(カザフスタン)
Cheng Hao CHEN(台湾)


【130kg級】=8ヶ国エントリー

 昨年のアジア大会優勝のムミンジョン・アブデュラエフ(ウズベキスタン)はどうか。今年2月のザグレブ・オープン(クロアチア)は2位だったが、続くハンガリーGPは低迷した。アジア大会3位で世界選手権も3位に入ったキム・ミンセオク(韓国)はザグレブ・オープン、ハンガリーGPとも低迷して安定性に欠ける。

 昨年3位のムラト・ラモノフ(キルギス)、今年1月のタクティカップ(イラン)3位のアミール・ガセミ・モンジャジ(イラン)、2017年アジア選手権2位のダミール・クゼムバエフ(カザフスタン)らが優勝を争うか。

 《エントリー選手》
河野隆太(日本)
Minseok KIM(韓国)=2018年世界選手権3位
Muminjon ABDULLAEV(ウズベキスタン)=2018年アジア大会優勝
Damir KUZEMBAYEV(カザフスタン)=2017年アジア選手権2位
Murat RAMONOV(キルギス)=2018年アジア選手権3位
Amir Mohammadali GHASEMIMONJEZI(イラン)=2019年ベービ・エムレ-ハミト・カプラン国際大会優勝
Lingzhe MENG(中国)
Prem PREM(インド)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に