日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.04.23

米国が大会史上初の全階級制覇、ジョー・コローンは世界王者を破る…2019年パンアメリカン選手権・男子フリースタイル


86kg級を制した世界チャンピオンのデービッド・テーラー(米国)=提供・UWW

 2019年パンアメリカン選手権の男子フリースタイルは4月19~20日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで行われ、米国が全10階級で優勝した。世界レスリング連盟(UWW)によると、全階級で優勝を独占したのは大会史上初という。

 現役世界チャンピオンとして出場した86kg級のデービッド・テーラー、92kg級のジェーデン・コックスは順当勝ち。テーラーは2年連続優勝、コックスは初のパンアメリカン制覇。

 97kg級でリオデジャネイロ・オリンピックと2度の世界選手権を制しているカイル・スナイダーも勝ち、2015年パンアメリカン大会を入れて3度目のパンアメリカン王者へ。74kg級で世界V5(オリンピックを含む)のジョーダン・バローズは5度目の優勝を遂げた。

 61kg級は昨年の世界選手権3位のジョー・コローンが、初戦で昨年世界王者のヨウリス・ボネ・ロドリゲス(キューバ)を9-3で破るなどして、昨年に続く優勝を達成した。

 各階級のメダル獲得選手は下記の通り。


男子フリースタイル

 【57kg級】
[1]Joshua RODRIGUEZ(米国)
[2]Oscar TIGREROS URBANO(コロンビア)
[3]Pedro MEJIAS RODRIGUEZ(ベネズエラ)
[3] Reineri ANDREU ORTEGA(キューバ)

 【61kg級】
[1]Joe COLON(米国)
[2]Yowlys BONNE RODRIGUEZ(キューバ)
[3]Scott SCHILLER(カナダ)

 【65kg級】
[1]Colton MCCRYSTAL(米国)
[2]Damian SOLENZAL LOPEZ(キューバ)
[3]Mauricio SANCHEZ SALTOS(エクアドル)
[3]Agustin DESTRIBATS(アルゼンチン)

 【70kg級】
[1]Anthony ASHNAULT(米国)
[2]Nicholas ROWE(カナダ)
[3]Mitchel TAIPE DUANAMA(ペルー)

 【74kg級】
[1]Jordan BURROUGHS(米国)
[2]Jevon BALFOUR(カナダ)
[3]Franklin GOMEZ MATOS(プエルトリコ)
[3]Julio RODRIGUEZ ROMERO(ドミニカ)

 【79kg級】
[1]Chandler ROGERS(米国)
[2]Santiago MARTINEZ RESTREPO(コロンビア)
[3]Jasmit PHULKA(カナダ)

 【86kg級】
[1]David TAYLOR III(米国)
[2]Pedro CEBALLOS FUENTES(ベネズエラ)
[3]Lazaro HERNANDEZ LUIS(キューバ)
[3]Alexander MOORE(カナダ)

 【92kg級】
[1]J’den COX(米国)
[2]Jaime ESPINAL(プエルトリコ)
[3]Diego RAMIREZ FLORENTIN(パラグアイ)

 【97kg級】
[1]Kyle SNYDER(米国)
[2]Reineris SALAS PEREZ(キューバ)
[3]Jose DIAZ ROBERTTI(ベネズエラ)
[3]Evan RAMOS(プエルトリコ)

 【125kg級】
[1]Nicholas GWIAZDOWSKI(米国)
[2]Korey JARVIS(カナダ)
[3]Oscar PINO HINDS(キューバ)
[3]Antoine BRAGA ABOU JAOUDE(ブラジル)

 《国別対抗得点》
[1]米国 250点
[2]カナダ 129点
[3]キューバ 115点
[4]プエルトリコ 72点
[5]ベネズエラ 68点
[6]アルゼンチン 53点







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に