日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.05.03

5月9日から女子重量級選手がフィンランドで海外合宿


2月のクリッパン女子国際大会(スウェーデン)の後に行われた国際合宿。重量級に特化してフィンランドで行う

 女子重量級の強化のため、5月9日(木)から全日本チャンピオン3選手を含む5選手がフィンランドへ遠征。ボスニワ湾に面したバーサで海外選手と合同合宿を行う。

 世界選手権の国別対抗得点や、国別対抗戦のワールドカップでは世界のトップを占める日本だが、軽中量級の強さによるところが大きい。最重量級で世界を5度制した浜口京子が第一戦を退いたあと、65kgを超える階級で世界一に輝いたのは、2016年リオデジャネイロ・オリンピックと2017年世界選手権の68kg級で優勝した土性沙羅(東新住建)だけ。重量級の強化は、課題のひとつだ。

 国内では選手数が少ないため、練習相手を求めて海外合宿を行う。世界選手権で好成績を挙げている選手がいるスウェーデンやエストニア、さらにカナダなどからの参加も予定され、10ヶ国近くが参加する見込みという。

 遠征メンバーは下記の通り。5月17日(金)に帰国する。


役員

【監督】笹山秀雄(自衛隊)、【コーチ】吉村祥子(エステティックTBC)、【トレーナー】佐藤守重(日本スポーツ振興センター)

選手

▼65kg級 類家直美(至学館大)
▼72kg級 鏡 優翔(JOCエリートアカデミー/東京・帝京高)
▼76kg級 古市雅子(自衛隊)
  〃   松雪泰葉(至学館大)
  〃   皆川博恵(クリナップ)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に