日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.06.17

【2019年全日本選抜選手権・最終日/特集】優勝選手の声(非オリンピック階級)


(2019年6月16日、東京・駒沢体育館)


瀬野春貴(ゴールドキッズ)

 ■男子フリースタイル70kg級優勝・瀬野春貴(ゴールドキッズ=全日本選手権決勝で敗れた志賀晃次郎にリベンジしての優勝)「この春からゴールドキッズで(子供たちを相手に)体操やレスリングの指導をしています。教えている選手の目標としてもらえるような選手になり、闘い方を心がけていた。優勝でき、子供達に勇気を与えられたと思う。決勝の相手とは、前回の全日本選手権では、途中まで勝っていながらラスト1分で逆転された。今回は先制点を取られましたが、攻め続ける気持ちがあったのでよかった。ワールドカップやアジア選手権で結果を残した強い選手ということは分かっていたけど、やれると思った。プレーオフでも勝って、世界選手権には自分が行きたい」


 ■男子グレコローマン72kg級・日下尚(日体大=この階級の第一人者の井上智裕を破り、大学1年生にして優勝)「日体大へ進み、練習でいろんな人に負けて、もう勝てないのかな、と思っていた。(決勝の相手は)練習ではいつもボコボコにやられています。12月の全日本選手権でも負けていたので、勝ててうれしい。世界選手権に行くことを目標としてこの階級を選んだ。世界の場で自分の実力を試したいので、プレーオフでの優勝を目指したい」


 ■男子グレコローマン82kg級優勝・岡嶋勇也(警視庁=全日本選手権に続いて優勝)「全日本選手権と出場メンバーが変わらず、自分が優勝しないとならないと思って緊張しました。勝てて本当によかった。試合前は相手のことをいろいろ考えたけど、コーチから『練習通りに攻めることだけを考えろ、スタンドで取ればいい』と言われ、吹っ切れました。欲を言えば、グラウンドを取った時、1回ではなく何度も回してテクニカルフォールを取りたかった。世界選手権(代表決定)はこれからだけど、どこまで通じるか挑戦したい」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に