日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.06.17

【2019年全日本選抜選手権・最終日/特集】健闘選手の声


(2019年6月16日、東京・駒沢体育館/取材=布施鋼治、斉藤葵、松本一葉)


 ■男子フリースタイル65㎏級・乙黒拓斗(山梨学園大=決勝で樋口黎に5-15で黒星)「自分って負けるんだな、って感じでした。これがいいきっかけになるように、今後頑張っていきたいと思います。樋口黎選手には、次(プレーオフ)には絶対勝ちます」


 ■男子グレコローマン60kg級・太田忍(ALSOK=決勝で文田健一郎に敗退)「悔しいです。グランド負けてしまったら意味がないし、自分が返せなかったのに、返ってしまった。そこだけだと思います。もう60kgでやることはない。間違いなく健一郎が(オリンピック出場を)決めてくるだろうから。気持ち切り替えて67kgでオリンピック目指す。

 67kgの選手は決められない、と言っているわけじゃない。まだ何があるか分からない。東京オリンピックで金メダル取るっていう目標は、まだまだ諦めないし、変わらない。ここから自分がどう取り組むかで変わってくると思う。東京オリンピックの金メダルに向けてやっていきたいと思います」


登坂絵莉(東新住建)

 ■女子50kg級・登坂絵莉(東新住建=決勝で須﨑優衣にテクニカルフォール負け)「完敗だった。というか、実力だと思います。ここ1ヶ月くらいはすごく調子が良くて、自分の中では絶対にいけるって思っていました。負けてしまって本当に残念に思います。この負けをよかったって思える日は来ないと思いますが、これも現実なので、前を向いて行きたいと思います。

 自分の人生の中で1番辛い3年間でした。もうやめたいって思うことばかりだった。たくさんの人に応援してもらってここまで来られた。感謝したいと思います。(世界選手権は)誰が出ても3番以内に入れると思う。頑張ってきた人が報われる世界ではないかもしれないですが、1番頑張った人が(オリンピックに)行ってほしいなと思います」


 ■女子50kg級・入江ゆき(自衛隊=3位決定戦で五十嵐未帆に勝利)「次の試合につながるよう、先に取りに行くようにしました。まだ終わったわけではない。今回負けて、負けたことが自分の糧となるんじゃないかと思います。去年、負けて落ち込むこともあったけれど、学ぶこともたくさんあったので、今回の経験を次に生かしていればいいんじゃないかと思います」


 ■女子53㎏級・奥野春菜(至学館大=決勝で向田真優に黒星)「銀メダルっていう結果になって、負けちゃったんだなって実感しました。向田真優選手と前回対戦した時は2年前。その時は明らかな実力差を感じていて、『負けてもいい』と思いながら闘っていました。2年の間に、世界選手権で金メダルを取って、自信をつけて、前よりはできるようになってきたって中で臨みました。チャンスがあったのに、そこを取り切れなかった。ここで腐っていたらダメなので、誰より練習してもっと強くなりたいです」


伊調馨(青=ALSOK)

 ■女子57kg級・伊調馨(ALSOK=決勝で川井梨紗子に敗れる) 「落ち込んでいる暇はないので、今日の反省をして、修正をして、プレーオフに向けて準備していきたいです。前半は気持ち負けしていたと思います。自分も行こうと思って試合に臨んでいたんですけど、最初に組み合った時、前に出る圧力っていうのを感じました。川井選手も並みじゃない気持ちで臨んできているのを感じました。

 1枠しかない熾烈な戦いだし、それは自分も覚悟して臨んでいます。前半から気持ちで負けないように、いい形に自分が持っていけるようにしなきゃいけないと思います。(プレーオフは)どっちが流れをつかむかと、前半がやはり勝負かなと思います。後半は負けている方が行くしかないので、前半でどっちが流れをつかむかだと思います」


 ■女子68㎏級・古市雅子(自衛隊=決勝で土性沙羅に惜敗)「オリンピックに向けて68kgに落として臨みました。悔いがないわけじゃないです。目標としていて、勝ちたかった選手(土性)と2回対戦することができ、決勝では自力でポイントを取ってリードもできた。最後は自分の気持ちが負けてしまって、相手の実力が上でした。自分のレスリング自体は前より進歩していると思います。負けたことに変わりはなく、これが今の実力。今後の目標をしっかり作って練習していきたいと思います」


 ■女子68kg級・渡利璃穏(アイシン・エィ・ダブリュ=決勝進出は逃したが3位を確保)「コンディションはいつも通り。けがはありますけど、体調としてはいつも通りでした。準決勝(古市雅子戦)は、攻めて勝ちたいという気持ちはあったんですけど、1、2試合目でたくさん攻める試合して、ばててしまっていた部分がありました。簡単に足を触らせてしまったのが敗因と思います。これからはどうするかは、今後決めていきたいと思います」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に