日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.06.19

ジョーダン・バローズ、アデライン・グレイらが世界選手権代表へ…米国・世界選手権代表選考会(2)


世界一返り咲きを目指すジョーダン・バローズ)米国)。世界選手権行きのキップを手にした=写真は2017年世界選手権決勝

 米国の世界選手権代表選考会「Final X」第2弾は6月15日、ネブラスカ州リンカーンで行われ、男子フリースタイル74kg級のオリンピック王者&世界V4のジョーダン・バローズがワールドカップ代表のイサイア・マルティネスを相手に、3戦2勝システム(3試合のうち2勝した選手が代表)の第2戦を落とすなど苦しんだが、代表権を獲得。2度のオリンピックを含めて9年連続世界大会に出場することになった。

 同97kg級はオリンピック&世界V2のカイル・スナイダーが順当に2連勝。男子グレコローマン130kg級も、昨年の世界選手権2位のアダム・クーンも2連勝で代表権獲得。

 男子フリースタイル57kg級は、昨年の世界ジュニア選手権3位のデイトン・フィックスが2017年世界選手権2位のトーマス・ギルマンを破り、61kg級は2017年パンアメリカン選手権優勝のタイラー・グラフが昨年世界2位のジョー・コローンを破り、ともに2勝1敗で勝ち、米国代表となった。

 女子は、76kg級世界チャンピオンのアデライン・グレイ、53kg級世界2位のサラ・ヒルデブラントが、ともに2試合に圧勝し、世界選手権にコマを進めた。

 この日決まった各階級の代表は下記の通り。


男子フリースタイル

▼57kg級 Fix, Daton=2018年世界ジュニア選手権3位

▼61kg級 Graff, Tyler=2017年パンアメリカン選手権優勝

▼70kg級 Green, James=2017年世界選手権2位

▼74kg級 Burroughs, Jordan=2017年世界選手権優勝

▼97kg級 Snyder, Kyle=2017年世界選手権優勝


女子

▼53kg級 Hildebrandt, Sarah=2018年世界選手権2位

▼62kg級 Miracle, Kayla=2018年U23世界選手権5位

▼76kg級 Gray, Adeline=2018年世界選手権優勝


男子グレコローマン

▼130kg級 Coon, Adam=2018年世界選手権2位







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に