日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.07.29

63kg優勝の太田忍(ALSOK)が「ベスト・テクニック賞」…2019年オレグ・カラワエフ国際大会


ベスト・テクニック賞を受賞した63kg級優勝の太田忍(ALSOK)

 【ミンスク(ベラルーシ)、取材・撮影=ウィリアム・メイ】世界レスリング連盟(UWW)の男子グレコローマンのランキング大会最終戦、「オレグ・カラワエフ国際大会」が終わり、63kg級で優勝した太田忍(ALSOK)が「ベスト・テクニック賞」を受賞した。

 表彰式では、ベラルーシ協会のコマンダール・マッジド会長と、協賛企業のクラシック・スポーツ社のセルゲイ・ジルデツキーCEOが記念の楯と銅像を授与。銅像は1960年ローマ・オリンピックの男子グレコローマン57kg級で優勝し、この大会の名称となっているオレグ・カラワエフ選手(当時ソ連)の投げのイメージで、地元の著名な彫刻家でありビジネスマンのヴァジム・ピリペンコ氏の作品。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に