日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.08.05

吉田沙保里さんの「感動をありがとうの会」に約1300人のスポーツ選手や芸能人


 3度のオリンピックを含めて世界を16度制し、今年1月に選手生活を引退した吉田沙保里さんの功績を称えるとともに、今後の活躍を祈念した「夢追人 吉田沙保里 感動をありがとうの会」が8月4日、東京・東武ホテルレバント東京で行われた。多くの競技のオリンピック選手を含めたスポーツ選手や著名な芸能人、財界人など約1300人が集まり、吉田さんのこれからの飛躍を願った。

 日本協会の福田富昭会長が「206連勝、国民栄誉賞などのほか、霊長類最強という言葉をいただいている。その言葉の裏には、優しい、女性らしい、という意味があります。今後は勝負以外の場所で、女性らしい素晴らしい姿をどんどん見せてほしい」とあいさつ。

 吉田さんが18歳の時から約18年にわたってその姿を見ている日本協会の谷岡郁子副会長(至学館大学長)は「最初から強かったわけではありません。努力に努力を重ね、皆さんの知っている吉田沙保里に成長しました」との思い出を披露した。2013年にレスリングがオリンピック競技から除外されそうになった時、献身的な努力でレスリングを守ったことを伝えた。

 パーティーでは、吉田さんが憧れていた柔道の谷亮子さん、シンガーソングライターの大黒摩季さん、歌手の松崎しげるさんなどが次々とサプライズ参加。激励や歌を披露し、会場を楽しませた。(撮影=保高幸子、一部・富山英明)


▲鏡開き

▲谷亮子さんからの花束贈呈

▲大黒摩季さんとともに

▲女子ファイター集合

▲母・幸代さんからのねぎらいの言葉(提供=富山英明)

 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に