日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.08.06

フォガト・ビネシュ(インド)が53kg級で3大会目の優勝…8.2~4ポーランド女子オープン


53kg級でも台頭し始めたフォガト・ビネシュ(インド)=写真は2018年アジア大会

 ポーランド女子オープン国際大会が8月2~4日にポーランド・ワルシャワで行われ、53kg級は4月のアジア選手権3位のフォガト・ビネシュ(インド)が勝った。

 ビネシュは昨年のアジア大会50kg級でインド女子初の優勝を達成。今年は53kg級へ上げ、アジア選手権こそ優勝を逃したが、7月のスペイン・グランプリとヤシャ・ドク国際大会(トルコ)で優勝。今回で3大会連続優勝となり、この階級でも実力を発揮し始めた。

 57kg級は昨年の世界選手権3位で今年の欧州選手権優勝のエメセ・バルカ(ハンガリー)が勝ち、62kg級はアフリカ・チャンピオンのマルワ・アムリ(チュニジア)、68kg級は59kg級と63kg級で世界一に輝いているバチェチェグ・ソロンゾンボルド(モンゴル)が、それぞれ勝った。アムリはアジア・チャンピオンのアイスル・チニベコワ(キルギス)を破っての優勝。

 ロシア同士の決勝となった76kg級は、2012年オリンピック女王のナタリア・ボロビエワがエカテリナ・ブキナを破った。

 各階級の成績は下記の通り。


女子

 【50kg級】
[1]Fearnside, Amy Ann(米国)
[2]Islamova – Brik, Valentina(カザフスタン)
[3]Chepsarakova, Valeria(ロシア)
[3]Fox, Natasha(カナダ)

 【53kg級】
[1]Vinesh, Fogat(インド)
[2]Zasina, Roksana(ポーランド)
[3]Mattssson, Sofia(スウェーデン)
[3]Prevolaraki, Maria(ギリシャ)

 【55kg級】
[1]Gurova, Maria (ロシア)
[2]Simonyan, Marinan(ロシア)
[3]Gusyak, Irina(ウクライナ)
[3]Winchester, Jaccara Gwenisha(米国)

 【57kg級】
[1]Barka, Emese(ハンガリー)
[2]Chumikova, Veronika(ロシア)
[3]Town, Alexandra(カナダ)
[3]Lipatova, Svetlana(ロシア)

 【59kg級】
[1]Ovcharova, Lyubov(ロシア)
[2]Bakbergenova, Madina(カザフスタン)
[3]Lysak, Anzhelina(ウクライナ)
[3]Battsetseg, Altantsetseg(モンゴル)

 【62kg級】
[1]Amri, Marwa(チュニジア)
[2]Tynybekova, Aisuluu A(キルギス)
[3]Rizhko, Tatyana(ウクライナ)
[3]Kuznetsova, Maria(ロシア)

 【65kg級】
[1]Khurelkhuu, Bolortuya(モンゴル)
[2]Koliadenko, Irina(ウクライナ)
[3]Fedoseeva, Natalaya(ロシア)

 【68kg級】
[1]Soronzonbold, Battsetseg(モンゴル)
[2]Lappage, Danielle Suzanne(カナダ)
[3]Berezhnaya, Alina(ウクライナ)
[3]Mamashuk, Maria(ベラルーシ)

 【72kg級】
[1]Larroque, Koumba Selene Fanta(フランス)
[2]Schell, Anna Carmen(ドイツ)
[3]Burakova, Ksenia(ロシア)
[3]Francis, Victoria(米国)

 【76kg級】
[1]Vorobieva, Natalya(ロシア)
[2]Bukina, Ekaterina(ロシア)
[3]Mae, Epp(エストニア)
[3]Syzdykova, Elmira(カザフスタン)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に