日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.08.18

塩谷優(東京・自由ケ丘学園)が2階級制覇…2019年全国高校生グレコローマン選手権・第2日(1)


2階級にわたって2年連続優勝を達成した塩谷優(東京・自由ヶ丘学園)=撮影・矢吹建夫

 2019年全国高校生グレコローマン選手権第2日は8月18日、4階級の敗者復活戦とファイナルが行われ、55kg級は昨年51kg級優勝の塩谷優(東京・自由ヶ丘学園)が、決勝でJOC杯カデット優勝の尾西大河(佐賀・鳥栖工)を13-7で破り、2階級にわたって2年連続優勝を遂げた。塩谷はインターハイは2位に終わっていた。

 65kg級決勝は、インターハイ決勝と同じ顔合わせとなり、2位に終わっていた矢部晴翔(山梨・韮崎工)がリベンジ。初の全国王者に輝いた。

 60kg級は昨年2位、昨年のアジア・カデット選手権3位の竹下航生(香川・高松北)が勝ち、51kg級はインターハイ2位だった荒木瑞生(佐賀・鳥栖工)が制した。

 各階級の成績は下記の通り。


《一覧表・トーナメント表》

一覧表 51kg 55kg 60kg 65kg

 【51kg級】

 ▼決勝
荒木瑞生(佐賀・鳥栖工)○[3-1]●山際航平(山梨・韮崎工)

 ▼3位決定戦
池田拓人(京都・日星)○[フォール、4:25=6-2]●杉本陸斗(埼玉・埼玉栄)
西野明心(青森・八戸学院光星)○[Tフォール、1:45=11-0]●髙杉大輝(岡山・高松農)

《7位以下》[7]喜島仁(徳島・つるぎ)、[8]小川潤大(静岡・飛龍)

------------------------------

 【55kg級】

 ▼決勝
塩谷優(東京・自由ケ丘学園)○[13-7]●尾西大河(佐賀・鳥栖工)

 ▼3位決定戦
塚田京(埼玉・埼玉栄)○[Tフォール、1:12=8-0]●塚岡達也(岡山・高松農)
佐々木風雅(長野・上田西)○[Tフォール、0:32=8-0]●二宮健斗(大分・日本文理大学附)

《7位以下》[7]西澤祐輔(茨城・霞ヶ浦)、[8]大倉舜也(岡山・おかやま山陽)

------------------------------

 【60kg級】

 ▼決勝
竹下航生(香川・高松北)○[不戦勝]●三井潤(茨城・鹿島学園)

 ▼3位決定戦
菅原隼(千葉・四街道)○[6-5]●伊藤翔哉(佐賀・鳥栖工)
谷口虎徹(和歌山・和歌山北)○[Tフォール、3:33=9-0]●曽根敬次郎(長野・上田西)

《7位以下》[7]竹内玲音(岐阜・岐南工)、[8]三谷剛大(岡山・高松農)

------------------------------

 【65kg級】

 ▼決勝
矢部晴翔(山梨・韮崎工)○[3-0]●萩原大和(埼玉・花咲徳栄)

 ▼3位決定戦
青柳善の輔(埼玉・埼玉栄)○[Tフォール、1:01=9-0]●山本晃聖(三重・朝明)
小川琉生(岐阜・中京院中京)○[6-4]●三多見明(滋賀・日野)

《7位以下》[7]山倉孝介(千葉・日体大柏)、[8]仲泊勇之介(沖縄・北部農林)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に