日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.08.19

【2019年全国高校生グレコローマン選手権・特集】優勝選手の声(51~65kg級)


(2019年8月18日、大阪・堺市金岡公園体育館 / 取材・撮影=矢吹建夫)


▲優勝選手。左から荒木瑞生、塩谷優、竹下航生、矢部晴翔

お知らせ
写真集はトップページの「動画/写真集」タブからご覧ください。

 ■51kg級優勝・荒木瑞生(佐賀・鳥栖工) 「やっと優勝できて嬉しかったです。去年から逆転負けが多くあって、それを克服できたのかな、と思います。高校の最後として、国体でまた優勝したいです」

 ■55kg級優勝・塩谷優(東京・自由ヶ丘学園)「今日は自分が思うような動きができませんでした。結果的に勝てたので、よかったですけど、直していくものが多いかな、と思いました。最後は集中して守れました。この大会は2連覇できましたが、インターハイで2連覇できなかったのが悔しいです」

 ■60 kg級優勝・竹下航生(香川・高松北)「全試合テクニカルフォールで勝ててよかったです。1試合目は動きが悪かったのですが、2試合目、3試合となるにつれて、いい動きができて、やりたいことができたかなと思ってます。胸を合わせて試合するのが苦手なので、胸を合わせたところからの練習や、試合でもしっかり自分の技が出せるように、これからもしっかり練習していきたいと思います」

 ■65kg級優勝・矢部晴翔(山梨・韮崎工)「決勝も全部自分から攻めて、自分の形に持ち込めたかなと思います。第2ピリオドも得意な差しで前に出てパッシブを取れて(相手に与えて)、そこからポイントにつなげることができて、よかったかなって思います。決勝は、一発目のパッシブでリフトが上がったのですが、そこがポイントにつなげられなかったのが一番の課題です。もっとリフトの練習をして、精度を上げていきたいです」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に