日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.09.06

【2019年世界選手権・展望(10)】アジアからの世界王者誕生なるか?…男子グレコローマン82kg級


※シード選手は、最終エントリーによって変わる場合があります。

66kg級で世界王者に輝いたサエイド・ムラド・アブデュバリ(イラン)。82kg級でも世界一を射程距離へ

 昨年、35歳で世界王者に輝いたピーター・バッチ(ハンガリー)は、昨年の地元の世界選手権で引退。昨年2位のウムラフ・クス(トルコ)は今年の欧州選手権3位などで、ランキング1位へ。優勝候補の一角と言えよう。

 欧州選手権でクスを破ったのがライベク・ビスルタノフ(デンマーク)。国際大会では最初からデンマーク国籍だが、ロシア・チェチェン出身で、風貌からしてもロシア人。生まれ故郷でよく練習しているという。昨年のU23世界選手権は77kg級で2位、今年2月のハンガリー・グランプリでも2位に入っている実力者。

 7月のオレグ・カラワエフ国際大会(ベラルーシ)でクスを破ったのが、世界3位のビクトル・サスノフスキー(ベラルーシ)。同じ世界3位で、2018年欧州選手権優勝のマクシム・マヌキャン(アルメニア)とともに優勝を狙う実力はある。

 アジアからは、昨年の世界選手権で5位入賞を果たしたサエイド・ムラド・アブデュバリ(イラン)が、今年のアジア選手権で優勝し実力を見せた。2011年に66kg級で世界一に輝いた選手。2017年75kg級3位を経て、昨年から82kg級で闘い、この階級で実力を発揮し始めた。第3シードとなっている。

 初出場の岡嶋勇也(警視庁)が、どこまで上位に食い込めるか。


2018年世界選手権成績 2019年世界選手権 シード選手
1. Bacsi, Peter(ハンガリー)
2. Kus, Emrah(トルコ)
3. Sasunovski, Viktor(ベラルーシ)
〃 Manukyan, Maksim(アルメニア)
5. Azisbekov, Atabek(キルギス)
〃 Abdvali, Saeid Mourad(イラン)
7. Schwarz, Roland(ドイツ)
8. Yerezhepov, Maksat(カザフスタン)
1. Kus, Emrah(トルコ)
2. Sasunovski, Viktor(ベラルーシ)
3. Abdvali, Saeid Mourad(イラン)
4. Bisultanov, Rajbek Alvievich(デンマーク)
2018年アジア大会 2019年アジア選手権
(実施せず) 1. Abdvali, Saeid Mourad(イラン)
2. Singh, Harpreet(インド)
3. Yerezhepov, Maksat(カザフスタン)
4. Qian, Haitao(中国)
2019年欧州選手権 2019年欧州大会
1. Bisultanov, Raibek(デンマーク)
2. Gobadze, Lasha(ジョージア)
3. Kus, Emrah(トルコ)
〃 Komarov, Aleksander(ロシア)
(実施せず)
2019年パンアメリカン選手権 2019年パンアメリカン大会
1. Haight, Cheney Isaac(米国)
2. Espinoza Castro, Carlos Moises(ペルー)
3. Barros Machado, Adil Hendresson(ブラジル)
(実施せず)






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に