日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.09.11

【2019年世界選手権・展望(25)】世界王者セルゲイ・エメリン(ロシア)の連覇なるか…男子グレコローマン60kg級


※シード選手は、最終エントリーによって変わる場合があります。

欧州選手権でつまずいたが、世界V2を目指すセルゲイ・エメリン(ロシア)

 昨年の欧州&世界チャンピオンでランキング1位のセルゲイ・エメリン(ロシア)が、今年の欧州選手権は2位に終わった。それでもロシア代表としてエントリーし、第1シードで連覇を目指す。

 欧州選手権決勝でエメリンに勝ったのは世界2位のビクトル・シオバヌ(モルドバ)。ずばぬけた成績を残している選手ではなく、6月の欧州大会は階級を下げてきた63kg級世界王者のステパン・マリャニャン(ロシア)にテクニカルフォール負けしての3位だった。第3シードの選手。

 第2シードは2017年59kg級3位のキム・スンハク(韓国)。昨年は初戦でアンドレス・モンタノ・アローヨ(エクアドル)に不覚を喫したが、今年は2月の「ハンガリー・グランプリ」、5月の「サッサリ国際大会」(イタリア)、7月の「オレグ・カラワエフ国際大会」(ベラルーシ)の3つのランキング大会で優勝と好調だ。アローヨは今年のパンアメリカン大会優勝と勢いを持つ。

 ウズベキスタンからは、アジア選手権優勝の選手ではなく、昨年63kg級2位のエルムラト・タスムラドフがエントリーしてきた。2016年リオデジャネイロ・オリンピック59kg級(3位)の後は、63kg級か66・67kg級で闘っていただけに意外なエントリー。アジア王者を押しのけて出てくるだけの結果が見込まれよう。

 他にアジアから要注意すべき選手は、カザフスタン代表が予想される2017年世界選手権2位のメイラムベク・アイナグロフ。2017年の文田との世界一争いと、今年7月の「オレグ・カラワエフ国際大会」での太田と準決勝は、ともに1点差の惜敗だった。

 昨年3位のサイリケ・ワリハン(中国)は、今年のアジア選手権は5位と今ひとつの成績。昨年5位で今年のアジア選手権で文田健一郎を破ったリ・セウン(北朝鮮)とともに、どこまで上位に進めるか。

 欧州、アジア、パンアメリカンの強豪がひしめく中、文田健一郎(ミキハウス)が2年ぶりの世界一を奪取できるか。

※韓国選手は、これまで「キム・セオウンハク」としてきましたが、「キム・スンハク」とします。


2018年世界選手権成績 2019年世界選手権 シード選手
1. Emelin, Sergey(ロシア)
2. Ciobanu, Victor(モルドバ)
3. Walihan, Sailike(中国)
〃 Sultangali, Aidos(カザフスタン)
5. Ri, Se-Ung(北朝鮮)
〃 Fris, Kristijan(セルビア)
7. Sulaimanov, Kaly(キルギス)
8. Kinsinger, Etienne(ドイツ)
1. Emelin, Sergey(ロシア)
2. Kim, Seunghak(韓国)
3. Ciobanu, Victor(モルドバ)
4. Lizatovic, Ivan(クロアチア)
2018年アジア大会 2019年アジア選手権
1. 太田忍(日本)
2. Zholchubekov, Kanybek(キルギス)
3. Ainagulov, Meirambek(カザフスタン)
〃 Mardani, Mehrdad Abdmohammad(イラン)
1. Bakhramov, Islomjon(ウズベキスタン)
2. Ri, Se-Ung(北朝鮮)
3. Gyanender(インド)
文田健一郎(日本)
2019年欧州選手権 2019年欧州大会
1. Ciobanu, Victor(モルドバ)
2. Emelin, Sergey(ロシア)
3. Kamal, Kerimkazim(トルコ)
〃 Temirov, Lenur(ウクライナ)
1. Maryanyan, Stepan(ロシア)
2. Torba, Erik(ハンガリー)
3. Ciobanu, Victor(モルドバ)
〃 Chkhartishvili, Dato(ジョージア)
2019年パンアメリカン選手権 2019年パンアメリカン大会
1. Orta Sanchez, Luis Alberto(キューバ)
2. Gurria Vigueros, Samuel(メキシコ)
3. Toro Castaneda, Dicther Hans(コロンビア)
〃 Palencia Puentes, Antony Javier(ベネズエラ)
1. Montano Arroyo, Andres Roberto(エクアドル)
2. Toro Castaneda, Dicther Hans(コロンビア)
3. Orta Sanchez, Luis Alberto(キューバ)
〃 Hafizov, Ildar(米国)






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に