日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.09.20

乙黒拓斗、川井友香子、土性沙羅が敗者復活戦へ…2019年世界選手権・第6日(2)


乙黒拓斗は61kg級から上げてきたロシアの強豪に苦杯を喫した=撮影・保高幸子

 【ヌルスルタン(カザフスタン)、世界選手権取材チーム】2019年世界選手権第6日は9月19日、カザフスタン・ヌルスルタンで新たに女子2階級と男子フリースタイル2階級が行われ、女子62kg級の川井友香子(至学館大)、同68kg級の土性沙羅(東新住建)、男子フリースタイル65kg級の乙黒拓斗(山梨学院大)の3選手が敗者復活戦に回ることになり、20日の3位決定戦進出を目指すことになった。

 男子フリースタイル57kg級の高橋侑希(ALSOK)は3回戦で黒星。敗者復活戦に回れず、オリンピック出場枠は取れなかった。

 川井は初戦の2回戦でドイツ選手を破ったあと、3回戦でアジア選手権決勝で敗れたアイスルー・チニベコワ(キルギス)に自滅技によるフォール負けの不覚。しかし、チニベコワが決勝に進み、敗者復活戦に回ってオリンピック出場枠を目指す。

 土性は1回戦でインド選手に手堅く勝ち、2回戦で欧州選手権2位のアデラ・ハンズリコワ(チェコ)にテクニカルフォール勝ち。しかし3回戦でタミラ・メンサストック(米国)に1-10で敗れた。メンサストックが決勝に進み、敗者復活戦にオリンピック出場枠獲得に望みをかける。

 乙黒は初戦の2回戦でU23欧州チャンピオンのアルメニア選手を下したが、3回戦で昨年の61kg級2位のガジムラド・ラシドフ(ロシア)に1-8で黒星。ラシドフが決勝に進んだことで、敗者復活戦から3位決定戦進出を目指す。

 高橋は初戦の2回戦から連勝しながら、4回戦で昨年のU23世界選手権2位のクマール・ラビ(インド)に黒星。ラビが決勝に進めず、敗者復活戦への道を断たれ、オリンピック出場枠獲得は持ち越しとなった。

 各選手の成績は下記の通り。

チニベコワ(キルギス)に先制した川井友香子だが…=同

土性沙羅も米国の成長株に不覚=同


女子

 【62kg級】川井友香子(至学館大)   34選手出場
敗復戦 Romero Bonilla, Alejandr(メキシコ)
3回戦 ●[フォール、4:18=3-3]Tynybekova, Aisuluu A(キルギス)
2回戦 ○[7-0]Niemesch, Luisa(ドイツ)
1回戦  BYE

------------------------------

 【68kg級】土性沙羅(東新住建)   32選手出場
敗復戦 (ニュージーランドorナイジェリア)
3回戦 ●[1-10]Mensah-Stock, Tamyra Mariama(米国)
2回戦 ○[Tフォール、6:00=11-0]Hanzlickova, Adela(チェコ)
1回戦 ○[2-0]Kakran, Divya(インド)


男子フリースタイル

 【57kg級】高橋侑希(ALSOK)   35選手出場
4回戦 ●[1-6]Kumar, Ravi(インド)
3回戦 ○[4-2]Fix, Daton Duain(米国)
2回戦 ○[12-5]Iuna Fafe, Diamantino(ギニアビサオ)
1回戦  BYE

※敗者復活戦に回れず

------------------------------

 【65kg級】乙黒拓斗(山梨学院大)   34選手出場
敗復戦 (アゼルバイジャンorエジプト)
3回戦 ●[1-8]Rashidov, Gadzhimurad(ロシア)
2回戦 ○[6-0]Tevanyan, Vazgen(アルメニア)
1回戦  BYE







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に