日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.10.05

世界選手権・団体6位、躍進のインドが外国人コーチを解任


インドの男子フリースタイル65kg級をけん引するプニア・バジランだが、インド・チームは困難に直面していた

 インドのメディアは、インド協会がさらなる飛躍を求めて招聘した男子フリースタイルのホセイン・カリミ・コーチ(イラン=2016年リオデジャネイロ・オリンピック・イラン・コーチ)を解任することを発表した。

 同協会は「彼のVIP待遇要求に応えられなくなった」と説明。具体的には、選手が寝泊まりするナショナルセンターへの居住を拒否して近くのアパートへ住むことを求め、遠征ではチーム同行を嫌って専用車での移動を要求。先月の世界選手権(カザフスタン)でも、選手団は2人1部屋が決まりだがシングルユースを要求するなどしたという。彼への報酬は1ケ月3500ドル(約37万4000円)だが、これらの要求のため5000ドル(約53万4000円)を超えていたという。

 さらに、汗まみれの選手との接触を拒否して技術を教えることをせず、試合でもセコンドにつきながら選手の汗をふくことをせず、「コーチとして機能していない」としている。

 カリミ・コーチは「インドは成長につながる機能を提供していない」などと反論している。

 インドの男子フリースタイルは、先月の世界選手権で金メダルこそなかったものの、3階級でオリンピック出場枠を獲得。国別対抗得点は79点をマークして同国史上最高の6位へ入賞。日本の32点を大きく上回った。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に