日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2020.01.11

男子フリースタイル65kg級の2017年欧州王者イリャス・ベクブラトフ(ロシア)がウズベキスタン国籍へ変更か


ウズベキスタンから東京オリンピックを狙うか、2017年欧州王者イリャス・ベクブラトフ(ロシア)=UWW-You tubeより

 インドの「ヒンズスタン・タイムス」が報じたところによると、男子フリースタイル65kg級で2017年欧州選手権優勝・2018年同2位などの成績を持ち、ロシアの“隠れた強豪”の一人、イリャス・ベクブラトフ(29歳)が、ウズベキスタンへ国籍変更したという。

 同選手は、世界選手権には出場していないが、欧州チャンピオンのほか、ロシア最高レベルの国際大会「ヤリギン国際大会」で5度優勝、2018・19年の「ダン・コロフ-ニコラ・ペトロフ国際大会」(ブルガリア)では70kg級に出場して連覇するなどの実力の持ち主。

 乙黒拓斗(山梨学院大)が東京オリンピック出場を決めた同級は、ロシアのガジムラド・ラシドフが昨年の世界チャンピオンで、同3位のイズマイル・ムズカエフ(ハンガリー)、同7位のハジ・モハマド・アリ(バーレーン)も最近ロシアから国籍を変えた選手。

 この情報が正しければ、また一人、“ロシアの選手”が加わりそう。他にも同国のハイレベルの闘いを避けて国籍変更を試みている選手がいる可能性もある。

 







COVID-19ガイドライン

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に