日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2020.03.26

「現状を前向きに受け止め、目標に向けて全力を」…JOC山下泰裕会長


JOC山下泰裕会長=2019年1月撮影

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は3月25日、東京オリンピックの延期が決定したことを受け、JOCホームページで東京オリンピックを目指す選手へのメッセージを伝えた。「様々な形での動揺や混乱が生じているかと思います。しかし、現状を冷静に、そして、前向きに受け止め、目標に向けて全力を傾注して頂きたいと切に願います」と呼び掛けた。

 最後に、JOCは「皆様が活き活きと輝き、万全の状態で試合に臨めるよう引き続き全力を尽くしてまいります」と結んだ。

 以下は、山下会長からのメッセージ。


《JOCサイト・リンク=pdf》

東京 2020 ⼤会の出場を⽬指すアスリートの皆様へ

 令和2年3月24日に実施したバッハ国際オリンピック委員会(以下:IOC)会長と安倍総理大臣との電話会議ののち、IOC理事会は東京2020大会を延期とせざるを得ないこと、遅くとも2021年夏までの実施に向けて具体的に検討していくことを決定しました。

 アスリートの皆様におかれましては、東京2020大会まであと4ヶ月と迫っていた中、人生を賭して、ひた向きに競技に取り組んでいたことと思います。新型コロナウィルスの急速な広がりは、世界中のアスリートの練習会場の閉鎖や大会の中止といった状況を生むこととなり、私達の競技活動が健康で平和な社会のもとに成り立っていることを日々感じています。

 私は、1980年に開催されたモスクワオリンピックの日本代表選手でした。当時23歳でした。子どもの頃みた、1964年東京オリンピックでの日本代表選手の活躍に胸を躍らせ、日の丸が真ん中に揚がった時は子ども心にも胸が震えました。その時の気持ちが私をオリンピックへと向かわせました。モスクワオリンピックの参加不参加の動向が決まらない状況においては心が揺れて練習に身が入りませんでしたが、目標は揺るぎませんでした。

 今回の決定により、選手強化の現場では様々な形での動揺や混乱が生じているかと思います。しかし、現状を冷静に、そして、前向きに受け止め、目標に向けて全力を傾注して頂きたいと切に願います。

 日本オリンピック委員会は、常にアスリートの皆様や選手強化の現場とともにあります。皆様が活き活きと輝き、万全の状態で試合に臨めるよう引き続き全力を尽くしてまいります。

令和2年3月25日
公益財団法人 日本オリンピック委員会

会長 山下泰裕







COVID-19ガイドライン

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に