日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2020.05.18

【十年一昔、2010年思い出の動画(5)】米満達弘が強さ見せ、世界への再挑戦を決める…世界選手権代表決定プレーオフ(男女)/グラップリング・エキシビション


 2010年の世界選手権代表を決めるプレーオフ(前年12月の全日本選手権と優勝選手が違った場合のみ)は、現在と違い、全日本選抜選手権の各日の全試合終了後に行われた。そのため、場合によっては決勝とプレーオフが同じ顔合わせとなり、壮絶な闘いが2試合連続で展開された。

 そうした状況の中でも強さを発揮したのが、2年後にオリンピック王者に輝くことになる米満達弘。オリンピック2度出場で全日本王者でもある池松和彦との連戦を、ともにピリオドスコア2-0で勝利。負傷による全日本選手権欠場のブランクを感じさせない復調を見せ、世界一への道を歩み始めた。

 レスリングのスタイルとして認定され、普及を目指していたグラップリングとパンクラチオンの紹介を兼ねた模範演技が公開された。


2010年世界選手権代表決定プレーオフ(5月1~3日、東京・代々木競技場第2体育館)

※明治杯全日本選抜選手権決勝のあと、前年の全日本選手権と優勝者が違った階級のみ実施

【男子フリースタイル55kg級】《関連記事》
稲葉泰弘(警視庁)○[2-1(0-2,1-0,3B-3)]●湯元進一(自衛隊)


【男子フリースタイル60kg級】《関連記事》
小田裕之(国士舘大)○[2-0(3-0,2-1)]●前田翔吾(ニューギン)


【男子フリースタイル66kg級】《関連記事》
米満達弘(自衛隊)○[2-0(5-0,4-2)]●池松和彦(池松オリンピックアカデミー)


【男子フリースタイル84kg級】《関連記事》
松本篤史(ALSOK綜合警備保障)○[2-0(1-0,3-0)]●松本真也(警視庁)


【男子グレコローマン66kg級】《関連記事》
藤村義(自衛隊)○[2-0(1-0,2-0)]●清水博之(自衛隊)


【男子グレコローマン74kg級】《関連記事》
鶴巻宰(自衛隊)○[2-1(2-0,0-1,3-0)]●金久保武大(マイスポーツハウス)


【女子51kg級】《関連記事》
堀内優(日大)○[2-0(4-1,1-0)]●甲斐友梨(アイシン・エィ・ダブリュ)


【女子59kg級】《関連記事》
正田絢子(京都・網野高教)○[2-0(1-0,3-0)]●島田佳代子(自衛隊)


【グラップリング・パンクラチオン/模範演技】《関連記事》

 








サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に