日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2020.06.30

女子68kg級世界2位のジェニー・フランソン(スウェーデン)がドーピング違反、4年間の出場停止へ


 ロイター通信やオリンピック専門サイト「inside the games」が報じたところによると、昨年の世界選手権(カザフスタン)の女子68kg級で銀メダルを獲得したジェニー・フランソン(スウェーデン)は、今年2月に暫定的にドーピング違反に問われたが、再検査の結果、違反が確定。2024年1月27日まで4年間の出場停止処分を受けることになった。

4度目のオリンピック出場の可能性が低くなったジェニー・フランソン(スウェーデン)=2019年世界選手権・女子68kg級決勝

 フランソンは今年1月、スウェーデンのアンチドーピング機構による抜き打ち検査で、禁止薬物のメチルテストステロンに陽性反応を示した。

 同選手は、誤って摂取されたものだと主張し、スウェーデンのアンチドーピング機構は世界アンチドーピング機構(WADA)の定めた手順を踏んでいない、としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)へ訴えることを明言している。却下された場合、東京オリンピックへの出場はなくなる。

 スウェーデン・オリンピック委員会は「意図的、過失にかかわらず、ドーピング違反は認められない。違反しないことは選手の責任」とし、スウェーデン・レスリング協会は2月に同選手をナショナルチームから外したことを明らかにしていた。

 2008・12年のオリンピックに出場した同選手は、2012年世界選手権72kg級で優勝し、2016年リオデジャネイロ・オリンピックでは69kg級で銅メダルを獲得。昨年の世界選手権で銀メダルを取り、オリンピック出場枠を手にしていた。

 CASへの訴えが却下された場合、世界選手権でのドーピング違反ではないので、その順位に変動はないが、オリンピック出場枠は剥奪される。世界選手権7位だったオボルデュデュ・ブレッシング(ナイジェリア)が繰り上がってオリンピック出場枠を獲得するか、他の方法で出場選手を選ぶかは不明。

 同級は土性沙羅(東新住建)が世界選手権で5位に入賞し、国内の闘いを経てオリンピック代表に内定してる。







COVID-19ガイドライン

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に