日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2020.07.28

UWW未公認ながらフィンランドで国際大会が開催される


 新型コロナウィルスの感染拡大で今春から活動が停止したものの、現在は徐々に再開している世界のレスリング界。7月25日、フィンランド・クオルタネで地元フィンランドのほか、ドイツ、スイス、ノルウェー、エストニアの5ヶ国が参加してジュニア男子グレコローマンの「クオルタネ国際大会」が開催された。

5月に完成したクオルタネの練習場。欧州レスリング界の一大拠点を目指す同地で、国際大会が再開された=UWWホームページより

 世界レスリング連盟(UWW)は8月末まで国際大会を行わないことを決めており、現段階ではUWW未公認の国際大会となるが、数ヶ国が集まっての国際大会は、コロナ禍のあと初めて。UWWデータベースは、これまでインドのプロリーグなどUWW非公認であっても、適正な国際大会は結果を掲載しており、この大会の結果も掲載している。

 フィンランドは新型コロナの感染拡大を受け、3月16日に緊急事態を宣言。移動制限や都市封鎖を行い、徹底した危機管理によって感染者の抑え込みに成功。感染者数の減少と鈍化に伴い、現在では多くの国からの入国制限をなくしている。日本の外務省による渡航中止勧告は継続中だが、徐々に緩和される見込みという。

 クオルタネは首都ヘルシンキの北方300kmに位置し、2012年に世界大学選手権が開催された。今年5月にはUWW公認の大規模なレスリングのトレーニング施設が完成。欧州レスリング界の一大拠点を目指している。

 フィンランドでは今年11月23~29日にタンペレでU23世界選手権の開催が予定されている。







COVID-19ガイドライン

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に