日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.01.10

米国が海外遠征を再開、1・15~17「アンリ・デグラナ国際大会」(フランス)にオリンピック王者ら33選手を派遣

オリンピック2連覇を目指すカイル・スナイダー(米国)

 海外遠征を控えていた米国が動き出す-。米国協会は、今月15日(金)~17日(日)にフランス・ニースで行われる「アンリ・デグラナ国際大会」に、世界チャンピオンやオリンピック・チャンピオンを含む男女3スタイルに33選手を派遣する。

 米国は3月にカナダ・オタワで行われた東京オリンピック・パンアメリカン予選のあと、米国内で外国選手と試合をすることはあっても、海外遠征は控えていた。12月にセルビアで予定されていた世界選手権(基準に満たず個人戦ワールドカップへ)も、主要国では真っ先に不参加を表明した。

 米国は新型コロナウィルスの感染者が世界最多の2000万人を超え、1日あたりの死者数も4000人前後で推移。収束には程遠い数字だが、レスリング界は約10ヶ月ぶりに海外遠征を再開する。

 今回出場するオリンピック・チャンピオンは、男子フリースタイル97kg級のカイル・スナイダーと女子57kg級のヘレン・マルーリス

リオデジャネイロの再現(日本選手を破って優勝)を目指すヘレン・マルーリス(米国)

 スナイダーは昨年の世界選手権で銅メダルを獲得し、オリンピック出場枠を獲得。今年3月のパンアメリカン選手権で優勝して以来の国際大会。この間、10月の全米選手権に出場して優勝している。マルーリスは3月のパンアメリカン予選で2位となって(決勝は棄権)オリンピック出場権を獲得。それ以来の大会出場となる。

 他に、男子フリースタイル79kg級で2018・19年世界選手権優勝のカイル・デイク、同86kg級で2018年に世界選手権を制したデービッド・テーラー、女子55kg級の昨年の世界チャンピオンのジャカラ・ウィンチェスター、同68kg級の昨年の世界チャンピオンのタミラ・メンサストックの新旧世界チャンピオンが出場する。







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に