日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.02.01

「私たちはオリンピック・アスリートのために闘っています」…IOCが今夏のオリンピック開催に強い決意をあらためて表明

 

 国際オリンピック委員会(IOC)は、1月最終週に行われた206の国内オリンピック委員会(NOC=日本はJOC)と33の国際競技連盟(IF=レスリングはUWW)とのオンライン会議や理事会の内容をホームページに掲載。中止や延期を求める意見や悲観的な発言はなかったことを明らかにし、開催への強い決意をあらためて表明した。

今夏の東京オリンピック開催にあらためて強い決意を表明したIOCトーマス・バッハ会長=JOCホームページより

 IOCはアスリート代表からも意見を聞き、「(NOC、IFとともに)全員が完全に団結している。日本でも政府、組織委員会、日本オリンピック委員会も責任を持って取り組んでいる」と説明。トーマス・バッハ会長は「ウイルスとの闘いは困難なものです。しかし、私たちはオリンピックのアスリートのために闘っています。強い決意、勝つ意志、毎日のハードワーク、そして私たちが持っているすべての体力と精神力を注いでいることを意味します」と強調した。

 東京開催を2032年にするなど多くの提案があることも伝わっている。オリンピックを延期する場合、開催の困難は倍増するとして、「延期という選択肢はない。オリンピックの複雑さを知っている人なら、これが不可能であることを知っている。憶測で時間とエネルギーを失ってはなりません」と訴えた。

 IOCが今夏の開催に自信を持っている理由は、コロナ対策に対し、WHO(世界保健機構)やワクチン製造業者など多くの権威ある専門部門と協議を続け、あらゆるシナリオに対して対策を練っていることを挙げた。さらに、コロナ禍を経て再開された各IF主催の7,000のスポーツイベントでクラスターは発生せず、陽性率はわずか0・18%だったことを伝えた。

 最近急浮上した無観客については、「言及するのは時期尚早だ」と説明した。

《IOCトーマス・バッハ会長声明・動画=英語》







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に