日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.02.20

キューバも国際舞台復帰! イタリア合宿を経て3.4~7「マテオ・ペリコネ国際大会」(イタリア)出場へ

 

57kg級でオリンピック出場枠獲得を目指すレイネリ・アンドレウ(キューバ)

 キューバも国際舞台へ復帰-。同国のフリオ・メンディエタ・男子フリースタイル監督は今月中旬、地元メディアに対し、男子フリースタイルでオリンピック出場枠を取った3選手を含めた5選手を3月4日(木)~7日(日)にイタリア・ローマで行われる「マテオ・ペリコネ国際大会」に派遣することを明らかにした。

 同国は昨年3月のパンアメリカン選手権とオリンピック大陸予選を最後に、海外遠征を控えていた。1月の「アンリ・デグラナ国際大会」(フランス)に出場する計画もあったそうだが控えることにし、イタリアで約1年ぶりの国際舞台復帰を果たす。

 出場するのは、オリンピック出場権を手にしている65kg級のアレハンドロ・バルデス(2018年世界選手権3位)、74kg級のヘアンドリ・ガルゾン(2019年パンアメリカン大会3位)、97kg級のレイネリス・サラス(2020年パンアメリカン選手権2位)の3選手に、5月の世界最終予選(ブルガリア)の代表に決まっている57kg級のレイネリ・アンドレウ(2019年U23世界選手権優勝)と86kg級のユリエスキ・トーレブランカ(2020年パンアメリカン選手権優勝)の5選手。

 今月中にイタリアへ入り、地元選手ほかと合宿をこなしてから大会に臨むと報じられている。男子グレコローマンと女子が出場するかどうかは不明。







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に