日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.03.01

オリンピック女王エリカ・ウィーブ(カナダ)敗れる…ウクライナ国際大会(前半)

 

35ヶ国が参加して行われたウクライナ国際大会=同国協会ホームページより

 2021年の世界レスリング連盟(UWW)認定の国際大会第3弾、「ウクライナ国際大会」は2月26日に開幕。女子22ヶ国148選手、男子グレコローマン17ヶ国179選手、男子フリースタイル29ヶ国263選手がエントリーし(総計35ヶ国)、26・27日に各スタイル5階級が行われた。

 女子は、76kg級でオリンピック2連覇を目指すエリカ・ウィーブ(カナダ)が準決勝で昨年のアジア選手権(インド)2位のアイペリ・メデトキジ(キルギス)にフォール負け。決勝は2019年世界選手権3位のエップ・マエ(エストニア)がメデトキジを破って優勝した。ウィーブは3位。68kg級は昨年12月の個人戦ワールドカップ優勝(セルビア)のメーリム・ジュマナザロワ(キルギス)が勝った。

 男子グレコローマンは55kg級で2019年世界チャンピオンのヌグザリ・ツルツミア(ジョージア)が優勝。97kg級は2019年アジア選手権(中国)優勝のウズール・ジュズプベコフ(キルギス)が優勝。同選手はオリンピック出場枠は取っていない。

 男子フリースタイルは、26選手出場の57kg級を2018年アジア・ジュニア選手権(インド)優勝のグロミョン・アブデュラエフ(ウズベキスタン)が制し、上位4選手をアジア勢が占めた。

 各階級のメダル獲得選手は下記の通り。(大会の正式名はOutstanding Ukrainian Wrestlers and Coaches Memorial)


女子

 【50kg級】
[1]Oksana LIVACH(ウクライナ)=2019年世界選手権5位
[2]Lukasiak, Anna(ポーランド)
[3]Anthony, Victoria Lacey(米国)
[3]Nasirova, Turkan(アゼルバイジャン)

 【55kg級】
[1]Hrushyna Akobiya, Alina(ウクライナ)=2020年欧州選手権57kg級2位
[2]Demko, Khristina Zoryana(ウクライナ)
[3]Hetmanava, Alessia(べラルーシ)
[3]Khomenets, Aleksandra(ウクライナ)

 【59kg級】
[1]Zelenykh, Katerina(ウクライナ)=2019年世界ジュニア選手権3位
[2]Marsbek Kyzy, Nazira(キルギス)
[3]Lisovska, Yulia(ウクライナ)
[3]Bodnar, Sofia(ウクライナ)

 【68kg級】
[1]Zhumanazarova, Meerim(キルギス)=2020年個人戦ワールドカップ優勝
[2]Di Bacco, Olivia Grace(カナダ)
[3]Domikaityte, Danute(リトアニア)
[3]Yaneva, Yuliana Vasileva(ブルガリア)

 【76kg級】
[1]Mae, Epp(エストニア)=2019年世界選手権3位
[2]Medet Kyzy, Aiperi(キルギス)
[3]Wiebe, Erica Elizabeth(カナダ)
[3]Axente, Catalina(ルーマニア)


男子グレコローマン

 【55kg級】
[1]Tsurtsumia, Nugzari(ジョージア)=2019年世界選手権優勝
[2]Abbaspourragani, Sajjad Javid(イラン)
[3]Silagava, Ramaz(ジョージア)
[3]Bakhromov, Ilkhom(ウズベキスタン)

 【63kg級】
[1]Abuladze, Leri(ジョージア)=2019年世界ジュニア選手権2位
[2]Kamal, Kerim Kazim(トルコ)
[3]Nasibov, Nasrullakh(ウクライナ)
[3]Poghosyan, HrachyaN(アルメニア)

 【72kg級】
[1]Amoyan, Malkhas(アルメニア)=2020年個人戦ワールドカップ2位
[2]Bolkvadze, Shmagi(ジョージア)
[3]Mokhtari, Mohammad Reza Hojatollah(イラン)
[3]Kankou, Yury(べラルーシ)

 【82kg級】
[1]Rikadze, Aivengo(ジョージア)=2019年U23世界選手権3位
[2]Chalyan, Karapet(アルメニア)
[3]Chalyan, Karapet(べラルーシ)
[3]Berdimuratov, Jalgasba(ウズベキスタン)

 【97kg級】
[1]Dzhuzupbekov, Uzur(キルギス)=2019年アジア選手権優勝
[2]Melia, Georgi(ジョージア)
[3]Balihamzeden, Mehdi(イラン)
[3]Milov, Kiril Milenov(ブルガリア)


男子フリースタイル

 【57kg級】
[1]Abdullaev, Gulomyon(ウズベキスタン)=2018年アジア・ジュニア選手権優勝
[2]Safarov, Nodiryon(ウズベキスタン)
[3]Myrzanazar Uulu, Bekbolot(キルギス)
[3]Shavkatov, Makhmudjon(ウズベキスタン)

 【65kg級】
[1]Rahimzadeh, Ali(アゼルバイジャン)=2020年欧州選手権3位
[2]Akmataliev, Ernazar(キルギス)
[3]Bayramov, Turan(アゼルバイジャン)
[3]Osmanov, Alibek(キルギス)

 【74kg級】
[1]Firouzpourbandpei, Mohammadsadegh Biglar(イラン)=2019年世界ジュニア選手権70kg級3位
[2]Demirtas, Soener(トルコ)
[3]Kasumov, Kasum(ウクライナ)
[3]Sulava, Giorgi(ジョージア)

 【86kg級】
[1]Jezierzanski, Sebastian(ポーランド)=2021年アンリ・デグラナ国際大会2位
[2]Magamaev, Ahmed Adamovich(ブルガリア)
[3]Karypbaev, Nurtilek(キルギス)
[3]Shapiev, Javrail(ウズベキスタン)

 【97kg級】
[1]Karadeniz, Suleyman Mustafa(トルコ)=2020年欧州選手権92kg級優勝
[2]Andriitsev, Valerii(ウクライナ)
[3]Saritov, Albert(ルーマニア)
[3]Zakariiev, Magamed(ウクライナ)







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に