日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.03.13

オリンピック2階級制覇を目指すハッサン・ヤズダニチャラティ(イラン)の同国代表が決定

 

オリンピック2連覇へ向けて、正式にイラン代表権を手にしたハッサン・ヤズダニチャラティ=提供・UWW

 イランの男子フリースタイルで出場枠を獲得している57kg級と86kg級の東京オリンピック代表決定試合が3月9日にテヘランで行われ、2階級とも2019年世界選手権(カザフスタン)で出場権を獲得した選手が代表に決まった。

 86kg級は2019年世界選手権(カザフスタン)優勝のハッサン・ヤズダニチャラティが、2018・19年U23世界選手権優勝のカムラン・ガセムプールを5-2で破って代表に決定。2016年リオデジャネイロ・オリンピック74kg級に続くオリンピック2連覇に向けて、あらためてスタートラインに立った。

 57kg級は、2019年世界選手権5位のレザ・アフマダリ・アトリナガルチが、2019年世界カデット選手権(ブルガリア)48kg級優勝で昨年12月の個人戦ワールドカップ(セルビア)57kg級3位のラフマン・アモウザドカリリを破った。

 イランの男子フリースタイルは、他に125kg級が出場枠を持っている。これは、世界選手権ではヤドラフ・モハマドカエム・モヘビが8位に終わり、当初は出場枠を取れなかったが、上位2選手にドーピング違反があり、6位に繰り上がって獲得した権利。この階級は同年のU23世界選手権(ハンガリー)優勝のアミール・ホセイン・ザレを含め、今後の国際大会の結果を待って判断するという。







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に