日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.03.16

東京オリンピックへの闘いが再開! 18日から欧州予選…男子フリースタイル展望

 

 東京オリンピックへ向けた闘いが再開される。同オリンピックの大陸予選は、昨年3月にパンアメリカン予選が行われたところで、新型コロナウィルスのパンデミックのため中断された。約1年を経て、今月18~21日にハンガリー・ブダペストで欧州予選が開催され、2019年世界選手権(カザフスタン)で出場枠を取り損ねた選手による“東京へのキップ”を目指した闘いが繰り広げられる。

 最初に行われるのは男子フリースタイル(18~19日)。上位2選手にオリンピック出場権が与えられる。各階級の見どころをさぐった。


57kg級

個人戦W杯2位の勢いを持ち込めるか、アルセン・ハルチュニャン(アルメニア)=提供・UWW

 世界王者のロシア選手(ザウール・ウグエフ)を別にして、アジアが圧倒的に強い階級。欧州で出場枠を取るべき強豪選手は獲得済み。だれが勝ち上がってくるか予想しづらい階級。

 2019年欧州大会優勝のマヒール・アミラスラノフ(アゼルバイジャン)が残っていて出場が予想されたが、同国からエントリーされたのは今年1月の「アンリ・デグラナ国際大会」5位のギオルギ・エディシェラシビリ。2020年個人戦ワールドカップ2位のアルセン・ハルチュニャン(アルメニア)も勝ち上がる候補と言えよう。

Amiraslanov, Makhir / Edisherashvili, Giorgi / Harutyunyan, Arsen

【2019年世界選手権・出場資格獲得選手】
Uguev, Zaur(ロシア)
Atli, Suleyman(トルコ)
Sanayev, Nurislam(カザフスタン)
Kumar, Ravi(インド)
Micic, Stevan Andria(セルビア)
Atrinagharchi, Reza Ahmadali(イラン)


65kg級

準決勝までに対戦すれば、どちらかは脱落! ハジ・アリエフ(青=アゼルバイジャン)とウラジーミル・キンチェガシビリ(ジョージア)=提供・UWW

 61kg級で3度世界王者になったハジ・アリエフ(アゼルバイジャン)が残っている。65kg級でも2度の欧州選手権と欧州大会を制しており、欧州予選を勝ち抜く最右翼。2016年リオデジャネイロ・オリンピック57kg級優勝で昨年の欧州大会2位のウラジーミル・キンチェガシビリ(ジョージア)が続く状況。

 注目は2020年個人戦ワールドカップ70kg級で優勝したマゴメドムラド・ガジエフ(ポーランド=元ロシア)。65kg級で2016年リオデジャネイロ・オリンピックに出場し、2017年世界選手権2位の強豪。体重調整が課題だろうが、出場枠獲得にからむ可能性のある選手。

Aliev, Haji / Khinchegashvili, Vladimir / Gadzhiev, Magomedmurad 

 【2019年世界選手権・出場資格獲得選手】
Rashidov, Gadshimurad(ロシア)
Niyazbekov, Daulet(カザフスタン)
Punia, Bajrang(インド)
Muszukajev, Iszmail(ハンガリー)
Tumur-Ochir, Tulga(モンゴル)
乙黒拓斗(日本)


74kg級

昨年の欧州選手権は3位だったアブタンディル・ケンチャーゼ(ジョージア)

 2018年U23世界選手権優勝&世界選手権2位のアブタンディル・ケンチャーゼ(ジョージア)、2019年欧州大会2位のソエナー・デミルタス(トルコ)、2019年世界選手権7位のカジムラド・ガジエフ(アゼルバイジャン)らが勝ち上がる候補選手。

 米国学生界で活躍してオールアメリカにも選ばれ、国籍をイスラエルに変えたミッチェル・ファインシルバーは、今年1月の「アンリ・デグラナ国際大会」(フランス)で3位に入賞した。この勢いを持ち込めるか。

Kentchadze, Avtandil / Demirtas, Soener / Gadzhiev, Khadzimurad / Finesilver, Mitchell Louis

 【2019年世界選手権・出場資格獲得選手】
Sidakov, Zaurbek(ロシア)
Chamizo Marquez, Frank(イタリア)
Burroughs, Jordan Ernest(米国)
Kaisanov, Daniar(カザフスタン)
奥井眞生 ⇒ 乙黒圭祐(日本)
Rybicki, Kamil(ポーランド)


86kg級

スペイン国籍でオリンピック2大会連続出場を目指すタイムラズ・フリエフ・ナスキデアバ

 2019年世界選手権では、ロシアのほか、ノーマークと言えたスイスとサンマリノの選手が出場枠を獲得した。ずば抜けた選手がいないがゆえの現象。残っている選手は横一線の状況だ。

 2019年欧州大会2位のアリ・シャバノフ(ベラルーシ)、同2位のアフメド・デュダロフ(ドイツ)、2018年世界選手権3位のタイムラズ・フリエフ・ナスキデアバ(スペイン=2010年までロシア)、2020年個人戦ワールドカップ2位のズビグニュー・バラノウスキ(ポーランド)らの中から、だれが抜け出すか。

Shabanov, Ali / Dudarov, Ahmed Ruslanovich / Friev Naskideava, Taimuraz /Baranowski, Zbigniew Mateusz

 【2019年世界選手権・出場資格獲得選手】
Yazdani Charati, Hassan(イラン)
Punia, Deepak(インド)
Reichmuth, Stefan(スイス)
Naifonov, Artur(ロシア)
Amine, Myles Nazem(サンマリノ)
Izquierdo Mendez, Carlos Arturo(コロンビア)


97kg級

36歳でのオリンピック出場なるか、アルバート・サリトフ(ルーマニア=元ロシア)=提供・UWW

 2019年世界選手権で欧州から4ヶ国が出場枠を獲得。残った中では、2018年世界選手権3位のアブラハム・デヘスス・コンイェド・ルアノ(イタリア=元キューバ)、2020年個人戦ワールドカップ2位のアレクサンドル・フシティン(ベラルーシ)、同3位の2016年リオデジャネイロ・オリンピック3位のスレイマン・カラデニズ(トルコ)らが勝ち上がる候補。

 2016年リオデジャネイロ・オリンピック3位のアルバート・サリトフ(ルーマニア=元ロシア)が、今年7月で36歳になるが、2020年欧州選手権で2位、今年2月の「ウクライナ国際大会」3位と実力をキープ。予選を勝ち抜く候補に浮上したと言える。

Conyedo Ruano, Abraham de Jesus / Hushtyn, Aleksandr / Karadeniz, Suleyman /Saritov, Albert

 【2019年世界選手権・出場資格獲得選手】
Sadulaev, Abdulrashid(ロシア)
Sharifov, Sharif(アゼルバイジャン)
Snyder, Kyle Frederick(米国)
Nurov, Magomedgadzhi Omardibirovich(北マケドニア)
Odikadze, Elizbar(ジョージア)
Yergali, Alisher(カザフスタン)


125kg級

ロシアの男子フリースタイルで唯一出場枠のない125kg級に挑むシャミル・シャリポフ=提供・UWW

 欧州からは、ロシアとアゼルバイジャンが出場枠を未取得。ロシアからは個人戦ワールドカップ優勝のシャミル・シャリポフがエントリー。今月10~14日のロシア選手権の出場を免除されており、出場権獲得が“義務”であろう。ロシアの男子フリースタイルで出場枠を手にしていないのはこの階級だけ。

 アゼルバイジャンは世界選手権7位のジャマラディン・マゴメドフ(元ロシア)が出場枠を手にできるか。

 他に、2020年個人戦ワールドカップ2位のロベルト・バラン(ポーランド)が勝ち上がれるか。

Sharipov, Shamil / Magomedov, Jamaladdin / Baran, Robert

 【2019年世界選手権・出場資格獲得選手】
Petriashvili, Geno(ジョージア)
Akgul, Taha(トルコ)
Khotsianivski, Aleksander(ウクライナ)
Deng, Zhiwei(中国)
Shala, Egzon(コソボ)
Mohebbi, Yadollah Mohammadkazem(イラン)







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に