日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.03.31

【2021年全国高校選抜大会・特集】個人戦に集中してともにV2! 次はトリオで優勝を…65㎏級・荻野海志/80㎏級・五十嵐文彌(ともに埼玉・埼玉栄)

 

(文=布施鋼治、撮影=保高幸子)

 学校対抗戦には出場できなかった埼玉・埼玉栄勢が個人戦では大活躍! 風間杯全国高校選抜大会の個人対抗戦では65㎏級の荻野海志と80㎏級の五十嵐文彌が揃って優勝し、ともに大会2連覇を達成した。

約30回の対戦、大きく負け越している相手に勝利…荻野海志

 昨年の同大会では60㎏級で優勝した荻野は、今大会は65㎏級にエントリー。準決勝では藤澤汰陽(福岡・小倉商)をテクニカルフォールで下して決勝に進出した。もう一方のブロックから勝ち上がってきたのは“宿敵”髙橋海大(東京・帝京/JOCエリートアカデミー)

 「髙橋選手には、1年生のときの関東高校大会と関東高校選抜大会で負けている。だから絶対に負けないという気持ちで挑みました」

宿敵を破り、2階級制覇を達成した荻野海志(埼玉・埼玉栄)

 高校では今回で3度目となる対決だったが、実は両者はキッズ時代から何度も闘っている間柄。試合直前、荻野がテーピング用のテープを忘れたことが発覚すると、髙橋は自分のテープを当たり前のように荻野にトスした。「幼稚園からやっているので、たぶん30回くらいやっている。幼稚園と小学校時代は何回か僕が勝っているけど、あとは全部負けている。だからこそ勝ちたいという思いはいっそう強かった」(荻野)

 お互い手の内は知り尽くしているだけに第1ピリオド序盤から試合は白熱。荻野のローリングを髙橋がブリッジしてしのごうとすると、無観客試合ながら、場内(選手席)はどよめいた。

 試合は荻野が第1ピリオド、6点をリード。第2ピリオドになると、髙橋も追い上げ、ラスト15秒の時点で4-6へ。その刹那、髙橋は場外ポイントで5-6まで差を縮めたが、そこでタイムアップ。荻野が逃げ切る形で、高校生になってから髙橋にうれしい初勝利をおさめた。

 勝因のひとつとして荻野は個人戦にフォーカスできたことをあげた。「前回は団体戦も出て2位だった。最後まで団体戦に残ったうえでの個人戦はすごく疲れる。今回は(団体戦がないという)アドバンテージがあった分、個人戦に集中できたと思う」

年下相手に感じたプレッシャーに打ち勝つ…五十嵐文彌

 80kg級の五十嵐は、チームメートの荻野が優勝したことで、いい刺激をもらったと言う。「かいじ(荻野)が優勝していなければ、自分も負けていたかもしれない。いいバトンを渡してもらえました」

初対戦の相手をテクニカルフォールで破った五十嵐文彌

 初戦となる2回戦から3試合連続無失点のテクニカルフォール勝ち。準決勝では高原崇陽(岐阜・高山西)を4-1で撃破して決勝に進出した。もう一方のブロックからは城所拓馬(群馬・太田)が上がってくると予想したが、準々決勝で敗北した。

 城所に黒星をつけたのは、決勝まで進出してきた神谷龍之介(三重・いなべ総合学園)。予想外の組み合わせだったので、五十嵐は「対策は全然立てていなかった」と打ち明ける。「軽量級から上がってきた選手で、一度も対戦したことがなかった」

 階級を上げてきた選手なので、「勝って当たりまえ」と思われる立場であることのほか、自分が2年生で、神谷がまだ1年生ということもプレッシャーになった。

 「年下はメチャクチャ怖くて」

 案の定、実際に対峙してみると、五十嵐は「すごくやりづらかった」と吐露した。「組み手がうまかった。組み手だけだったら、全然かなわなかった」

同僚との練習で“左構え対策”も十分に積んでいた

 組み手では劣っていても、カウンターのテクニックには1日の長がある。五十嵐は自ら下がってからのタックルでテークダウンを奪って2点を先制する。さらに相手のタックルを切ってから回り込んで2点を加点。

ともに2年連続優勝の荻野(右)と五十嵐

 その後、失点する場面もあったが、カウンターがさえ渡り、最後は14-3のテクニカルフォール勝ち。左構えの対戦相手の対策を立てていたことも勝因と振り返った。

 「71㎏級で3位に入賞した(同門の)林拳進も左なので、そっちの構えの人との闘いに慣れていた。試合映像を見返さないと何とも言えないけど、(相手のフェイントに)反応はできていたかと思います」

 そしてこんな本音も。「荻野だけではなく、林と3人で優勝したかった」

 チームメート思いの五十嵐は「自分の弱さを認めて、もっと強くなりたい」と足元を見つめた。「まだそんなレベルではないけど、出られるなら、天皇杯(全日本選手権)で強い社会人や大学生の選手に当たっていきたい」

 今夏のインターハイまでに、伸びしろだらけの埼玉栄勢はどこまで成長しているのか。







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に