日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.04.30

5.6~9東京オリンピック世界最終予選(ブルガリア)に男子8選手を派遣

 

 日本協会は4月29日、5月6日(木)~9日(日)にブルガリア・ソフィアで行われる東京オリンピック世界最終予選の日本選手団を下記の通り発表した。男子フリースタイル57・97・125kg級の3階級で今月のアジア予選(カザフスタン)と選手が交代し、2019年全日本選手権2位の選手が出場する。

 大会は6日(木)~7日(金)が男子フリースタイル、女子をはさんで8日(土)~9日(日)に男子グレコローマン。各階級とも上位2選手がオリンピック出場枠を得るので、実質的には各スタイル初日の決勝進出が決まった段階で出場枠獲得が判明する。

 前記の3階級以外で出場枠を獲得した場合はオリンピック代表に内定、前記3階級で出場枠を獲得した場合は、アジア予選に出場した選手との間でプレーオフを行って代表が内定する。

 男子フリースタイル・チームは5月1日(土)、男子グレコローマン・チームは3日(月)に、それぞれ日本を出発する。

《世界最終予選・エントリー選手》


世界最終予選・日本選手団

【本部長】西口茂樹(日本オリンピック委員会)、【副本部長】赤石光生(日本オリンピック委員会)

【男子フリースタイル監督】井上謙二(自衛隊)、【同コーチ】小平清貴(警視庁)、鈴木豊(自衛隊)、小幡邦彦(山梨学院大教)
【男子グレコローマン監督】松本慎吾(日体大教)、【同コーチ】笹本睦(日本オリンピック委員会)、鶴巻宰(自衛隊)

【男子フリースタイル選手】
▼57kg級 高橋侑希(山梨学院大職)
▼86kg級 高谷惣亮(ALSOK)
▼97kg級 山口 剛(新日本プロレス職)
▼125kg級  山本泰輝(自衛隊)

【男子グレコローマン選手】
▼67㎏級 高橋昭五(神明精肉店)
▼87㎏級 角 雅人(自衛隊)
▼97㎏級 奈良勇太(警視庁)
▼130㎏級  園田 新(ALSOK)


世界最終予選・日程(5月6~9日、ブルガリア・ソフィア)

5月5日(水)3スタイル抽選
----------------------------
  6日(木)男子フリースタイル全6階級(1回戦~準決勝)
----------------------------
  7日(金)前日実施階級の敗者復活戦/ファイナル
      女子全6階級(1回戦~準決勝)
----------------------------
  8日(土)前日実施階級の敗者復活戦/ファイナル
      男子グレコローマン全6階級
----------------------------
  9日(日)前日実施階級の敗者復活戦/ファイナル







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に